構造Structure

永住に相応しい
クオリティを随所に。
Entrance確かな技術に裏打ちされた、
構造設計。

暮らしの未来を見据え、見えない部分にこだわりを。
1二重壁構造

点検・補修や将来のリフォームを容易にするために、コンクリート壁と木軸との間にすき間を設けて配線や配管を施す、二重壁構造を採用しました。

2二重天井

床スラブと天井との間に、配線・配管スペースを確保した二重天井を採用しました。メンテナンスや将来のリフォームが容易になります。

3床スラブ

建物の主要構造部である、上下階住戸間の床スラブは約200〜230mmの厚さを確保しました。強度はもちろん、下階への遮音性にも配慮しています。

4ダブル配筋

建物の耐震性と耐久性に配慮して、床や耐力壁など主要構造部のコンクリート内に、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。

ダブル配筋
5溶接閉鎖型帯筋

柱の帯筋に、継ぎ目が溶接された閉鎖型帯筋を採用(中子筋は除く)。地震時に発生するせん断力に対して粘り強く、耐震性に配慮しています。

溶接閉鎖型帯筋
PRCスラブ・アンボンド工法

床スラブ内にケーブル状の鋼材を通した、PRCスラブ・アンボンド工法(一部除く)を採用。天井に小梁の出ないすっきりした空間を実現します。

PRCスラブ・アンボンド工法
杭基礎
杭基礎
地盤調査によって確認した、地中約20~28mの深さにある堅固な支持層まで59本の場所打ち鋼管コンクリート拡底杭(一部場所打ちコンクリート杭)を構築します(本体棟のみ)。地震などの揺れに強い安定した基礎構造を実現し、建物をより強固に支えます。
コンクリートかぶり厚
コンクリートかぶり厚
かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのこと。「アーバン島本シティ」では建築基準法で定められた厚さを遵守。コンクリートの中性化にともなう鉄筋のサビや劣化などを抑制します。
耐震玄関ドア枠
対震玄関ドア枠
玄関ドアとドア枠との間に、クリアランス(すき間)を余裕をもって設けました。万一の時の避難に配慮した対震枠を採用しています。
地震時管制装置付きエレベーター
地震時管制装置付きエレベーター
運転中のエレベーターが地震の揺れを感知すると、最寄りのフロアに自動着床して非常停止。万一の際も、利用中の方がエレベーター内に閉じ込められることがないように配慮しています。
防火・防音措置工法
防火・防音措置工法
直接居室に接する共用排水立管には、防火・防音措置工法を施し、音の伝搬を軽減しています。
24時間換気システム
24時間換気システム
住戸内の空気を常に一定の風量で入れ換える、24時間換気システムを採用しました。給気口には花粉やホコリを除去するフィルターを内蔵して、クリーンな空気となるように配慮しています。
断熱設計
断熱設計
建物外部の環境に対して安定した室内温熱環境を実現するとともに、冷暖房効果を高め、省エネルギーを実現するために、外気に面した壁や屋根に断熱材を施しています。(住居部分のみ)
住宅性能評価書
住宅性能評価書
2つの「住宅性能評価書」を取得し、建物の性能・品質を証明。上質な住まいの“鑑定書”といえる「住宅性能評価書」には、設計段階を対象とする「設計住宅性能評価書」と施工・完成段階を対象とする「建設住宅性能評価書」の2種類があります。
CASBEE(大阪府建築物総合環境評価制度)
CASBEE(大阪府建築物総合環境評価制度)
建築主が大阪府に提出する建築物環境計画書において大阪府の3つの重点項目に対する取り組み度合いとCASBEEによる建築物の環境性能の総合評価を各5段階で評価しており、「アーバン島本シティ」は総合評価で「★★★★」を取得しています。
※掲載の概念図は模式図のため、実際とは異なります。
※品質、性能、技術などにつきましては部位によって該当しない項目もあります。あらかじめご了承ください。
資料請求
来場予約
資料のご請求・お問い合わせは「アーバン島本シティ」マンションギャラリー

資料のご請求・お問い合わせは「アーバン島本シティ」マンションギャラリー

TOP