LOCATION 周辺環境のメイン画像が表示されています。

現地桜並木

LOCATION 周辺環境

古くから育まれてきた豊かな緑が息吹く王子界隈

王子は、古くから都心の行楽地、住宅地として時を重ねてきました。なかでも江戸時代中頃から一大行楽地として栄えた飛鳥山は、八代将軍吉宗が庶民に開放した桜の名所です。「ザ・ガーデンズ東京王子」では、「北区景観百選 ※」に選ばれた桜並木を敷地内遊歩道のサクラプロムナードとして保存し、この地の歴史をしっかりと継承しています。
※東京都北区選出

敷地西側の桜並木
平成27年7月撮影
HISTORY 王子に溢れる歴史 江戸時代には景勝地として賑わいを見せた王子界隈。明治時代には、この地のなだらかさと都心でありながらも流れる水の清らかさに注目した日本経済の祖・渋沢栄一が製紙会社を創業。彼自身もここに住まいを構えたことから、この地の自然風景を愛していたことが分かります。その後、昭和初期には鉄道も敷設されるなど都市としても発展を遂げた王子は、今なお往年の軌跡が深く息づく活気に溢れる街として歩んでいます。

日々の心地よさとおおらかな安らぎに包まれる。

空にひらかれた開放的な日常へ

日々の心地よさとおおらかな安らぎに包まれる。の画像が表示されています。

※眺望写真は、現地敷地内約51m(18階相当)の高さで撮影(平成28年2月)したものです。 [現地より南側方向を望む]
※東京スカイツリー(約9.4km)

開放感と落ち着きを享受する「暮らしの舞台」。

周辺を第一種住居地域が包むように広がる、閑静な住宅街に誕生する「ザ・ガーデンズ東京王子」。地上18階に及ぶスケールに加えて敷地三方が道路に接することにより暮らし心地を高めています。都心にありながら大きな道路などに面することなく、開放感と陽当たり見晴らしを豊かに享受する立地となっています。

第一種住居地域では良質な住環境が保たれるよう、高さなどの建築物に関する様々な規制を設定。商業地域にはない日影規制も設けられています。

※掲載のイラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、位置・スケール・形状・向き・高さは実際とは多少異なる場合があります。

第一種住居地域概念図

歴史に育まれた暮らしやすさが息づく、城北・王子エリア。

鎌倉・室町時代には王子神社を中心とする自然豊かな村、江戸時代には徳川吉宗が愛した景勝地であった王子エリア。
今もなお、緑豊かな環境が享受できるとともに、
穏やかで便利な住宅地へと変貌を遂げています。

周辺環境の画像が表示されています。

周辺環境の画像が表示されています。

Life Information

  • 商業施設
  • 教育
  • 公園
  • 医療
  • レジャー・スポーツ
  • 公共
  • 金融

現地に戻る

※出典元:北区観光ホームページ
※掲載の写真は平成27年7月に撮影したものです。

ACCESS

PLAN