大手企業が集い、利便と潤いが調和した住都市。

日野市の中でも、大手企業が集うエリア。

日野市には、大手企業の本社や事業所が数多く点在しています。 その中でも『ヴィークコート豊田』が誕生する「豊田」駅周辺には、日野自動車やGEヘルスケア・ジャパンの本社をはじめ、 コニカミノルタ、富士電機、帝人ファーマなどの研究・開発施設が集結。 この街は、私たちの暮らしをより快適にする技術開発の街としての魅力も持ち合わせています。

プレミアムなポイント
SHOPPING MALL
ACCESS
FOREST
プレミアムなポイント

「豊田」駅周辺は、日野市の重要拠点。

日野市が市内の三大拠点の一つとして位置づける「豊田」駅周辺では、整備事業が進行中。 『ヴィークコート豊田』が誕生する北口エリアは、駅前から伸びる通りが街路樹で美しく整えられており、 「イオンモール多摩平の森」がオープンしたことにより、より美しく、便利な街へと進化を遂げています。

子育て世代が好む街でもある。

日野市の人口は年々増加。合計特殊出生率は、東京都全体の出生率よりも上回っており、子育て家族に選ばれている都市でもあります。

「合計特殊出生率」とは一人の女性が一生涯に産む子どもの人数を表す数字です。

ICT活用した先進的な教育への取り組み。

日野市では、「すべては子どもたちのために」をICT活用教育のビジョンに掲げ、校務支援システムの導入により、授業改善・校務の効率化・学校Webサイトの充実による「見える学校づくり」に取り組んでいます。この先進的な取り組みも、技術開発の街として発展したことに由縁しているのかもしれません。

関東ローム層に覆われた多摩丘陵。

日野市は、多摩丘陵に位置しています。多摩丘陵の地層は、関東ロームで覆われ、液状化などの懸念が少ない安定した地盤と言われています。また、文部科学省の地震調査推進本部が公表している地盤の固さのデータをもとに、あるメディア※が東京都内の地震に強いランキングを作成。日野市は、そのランキングにおいて上位の6位にランキングされています。 ※ゲンダイネット

古くから住都市としての歴史を刻む。

この辺り一帯は、江戸時代、日野宿と呼ばれた宿場町として賑わい、多摩川の渡し宿を管理するなど、甲州街道の重要拠点として発展。さらには、多くの人が知る、あの新撰組の土方歳三、井上源三郎、近藤勇、沖田総司が集い、武術に励んだ地として知られており、新撰組に縁ある史跡なども数多く残っています。かの剣豪たちに好まれた街は、豊かな緑が多く残り、都心とほど良い距離を保つ、成熟した住都市として注目を集めています。

ページ上部へ