共用施設|メイツ樟葉

COMMON SPACECOMMON SPACE 共用施設

Introduction Introduction

開放感と独立性の高い、
四方接道の邸宅街区。

「くずはアベニュー」沿い、四方接道の角地という恵まれた敷地形状。建物を敷地北側に配し、南側は隣地との距離をゆったりと確保しています。開放感と独立性を高め、ゆとりある暮らし心地をもたらします。

外観完成予想図外観完成予想図

  • 1チェーンゲート

    外部車両の無断侵入などを抑制するために、チェーンゲートを採用しています。

  • 2歩車分離設計

    敷地内の安全性を高めるための配慮として、歩行者、自転車、車・バイク・ミニバイクの出入口や動線を分離しています。

  • 3平面駐車場

    機械式駐車場26台分に加えて、車の幅・高さ・重量などに制限が少ない平面駐車場も18台分ご用意しています。

  • 4防災倉庫

    万一の災害発生時にも安心感を高めるために、様々なシーンを想定した防災アイテムを備えています。

  • 5全邸南向き

    総戸数73戸すべてが南向きとなる住設計を採用しました。光と風と開放感に包まれたプライベート空間を創り出します。

  • 6ペット足洗い場

    お散歩帰りにペットの足を洗えるスペースを、敷地内にご用意しています。

邸宅に彩りを添える花・樹が豊富、
季節の移ろいを感じる歓び。

  • 木漏れ日の園

    住まう方と訪れる方を迎える庭スペース。車寄せやアプローチを、青々とした葉を茂らせる木々が鮮やかに彩ります。

  • 花木の街路

    自転車置場と建物を結ぶ小径スペース。色とりどりに咲く花や緑が、穏やかな気分へと誘ってくれます。

  • 緑彩の庭園

    エントランスホールからエレベーターへの動線上にある中庭。四季折々の美しさを愉しみながら移動できます。

  • 四季の回廊

    敷地内はもちろん、周辺街区にまで彩りをもたらしてくれる緑地帯。豊富な木々が、潤いの景観を描きます。

APPROACH APPROACH

上質なホテルを彷彿、
希少価値の高い車寄せ。

優美な曲線を描いたロータリーで、一人ひとりを私邸へ優雅にエスコートする車寄せをご用意。洗練されたホテルでの時間を彷彿させる、ラグジュアリーな設えです。楠葉エリアのマンションでは極めて希少価値が高く、「メイツ楠葉中央」に住まう方だけが享受できる歓びです。

エントランスアプローチ完成予想図エントランスアプローチ完成予想図

シンボルツリーのクスノキが印象的、
穏やかな「迎賓の彩壇」。

敷地の外周に、地域に開かれた広大な緑地を設けました。京阪「樟葉」駅方面から帰り着いたとき、一人ひとりの目と心を愉しませるのが、敷地北西の街角に広がる「迎賓の彩壇」です。シンボルツリーのクスノキを中心に、常緑の木々などが潤いある景観を新たに形成します。

  • クスノキクスノキ

  • ナナミノキナナミノキ

外観完成予想図外観完成予想図

OWNER'S LOUNGE OWNER'S LOUNGE

時代のニーズに応える
オーナーズラウンジ。

エントランスホールの一歩先にあるのは、ゆとりの広さを誇るオーナーズラウンジ(集会室)。歓談、待ち合わせ、読書、リモートワークなど、住まう方がそれぞれのライフスタイルに合わせたサードプレイスとして活用できます。陽光が燦々と降り注ぎ、青々とした葉を茂らせる木々の美しさも眺められる、穏やかな空間です。

オーナーズラウンジ完成予想図オーナーズラウンジ完成予想図

人と人との交流を育み、
リモートワークにも
活用できる場。

暮らし方・働き方が多様化する今、住まいの在り方にも変化が求められています。そこで、集会室としての機能に加えて、リモートワークなどにも集中できるオーナーズラウンジをご用意。上質な家具・インテリアが揃う居心地のいい空間で、ゆったりと“自分の時間”を過ごせます。※ご利用には、使用規則等があります。詳しくは係員にお問い合わせください。

  • imageimage

  • imageimage

※掲載の外観完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。なお、雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。

※植栽は特定の季節を想定しておりません。また竣工から育成期間を経た状態を想定しております。※植栽の写真はイメージです。

※掲載の敷地配置イメージイラストは、計画段階の図面を基に描いたもので実際とは異なります。外観形状の細部、設備機器等は表現しておりません。

※2000年以降に京阪「樟葉」駅最寄りで新築された分譲マンション19物件(本物件含む)のうち、車寄せ採用は本物件のみ(2020年9月現在・MRC調べ)。