福岡タワー
福岡タワー

全国的にも注目される大規模再開発が集中。これまで以上の価値を創造します。全国的にも注目される大規模再開発が集中。
これまで以上の価値を創造します。

歴史や自然、交通の優位性などを生かして、
福岡は想像を超えた発展を続けています。
その躍動を後押しするように、
都心を中心に大規模再開発プロジェクトが着々と進行。
成長可能性都市のポテンシャルランキングで全国1位に輝く福岡は、
注目度をますます高めて成長を続けます。

Image

天神ビッグバン

2024年までに天神に位置する民間ビルの建て替えを誘導。
スピード感を持って進行し、約1.7倍の面積の拡大、
約8,500億円の経済波及効果が見込まれています。

Image

セントラルパーク構想

広大なオアシス、大濠公園と舞鶴公園の
一体的な活用を図ることで、憩いの場としての質が向上。
全体がミュージアム空間になるような
公園づくりを進める構想です。

写真提供:福岡市

ウォーターフロントネクスト

福岡の地の利をより効果的に活用するために、
中央ふ頭および博多ふ頭の再整備が進みます。
アジアと日本を結ぶハブ機能を
高めると同時に街づくりも推進されます。

Image

博多旧市街プロジェクト

天神ビッグバンと対をなすプロジェクト。
中世最大の貿易港湾都市であり、
神社仏閣が点在する博多部の価値を高め、
市民や観光客が楽しめる環境づくりが着々と進んでいます。

FUKUOKA is NO.1FUKUOKA is NO.1 ※

ポテンシャルランキング 全国1位

国内100都市を対象にした成長可能性都市「ポテンシャルランキング」で全国1位。「総合ランキング」でも東京都に次ぐ全国2位を獲得しています。

ビジネスマンが選ぶ住みよい街 全国1位

ビジネスマンが選ぶ「住み良かったところ」で全国1位、「勤務地として希望するところ」でも全国2位に選ばれました。

物価の安さ、大都市の消費者物価地域差指数 全国1位

食料物価の安さは21大都市中1位、総合物価(持家の帰属家賃を除く)の安さも21大都市中2位と、暮らしやすさが際立ちます。
※21大都市:政令市及び東京都区部

人口増加 全国1位

日本国内の市の中で、2017年中最も人口が増加したのは「福岡市」でした。「世界で最も住みやすい都市ベスト25」でも古都・京都を抑えて7位に選ばれました。

都心部から国際空港までのアクセス時間 アジア13都市中 全国1位

国際空港から都心部までのアクセス時間が福岡は11分でアジア13都市の中で1位を記録。世界44都市の中でも4位と、高いアクセス利便を誇ります。

クルーズ船寄港回数 全国1位

外国船社および日本船社が運航するクルーズ船の寄港回数は2011年から2017年の6年間で55回から326回と約6倍に増加。今後の伸びにも期待されます。

港別外国航路乗降人員 全国1位

平成29年外国航路乗降人員にて、2位長崎・3位那覇を抑え、福岡市博多湾は、200万人を超えて、25年連続全国1位になりました。

※出典/福岡市ホームページ:データでわかるイイトコ福岡「Fukuoka Facts」より
●成長可能性都市ポテンシャルランキング/野村総合研究所のデータ●ビジネスマンが選ぶ住みよいまち/資料:『ビジネスマン1,000人へのアンケート調査』(日経産業消費研究所)●物価の安さ大都市の消費者物価地域差指数/資料:『小売物価統計調査 (構造編) 』(総務省)●人口増加数/資料:国勢調査(H27年)●都心から国際空港までのアクセス時間/資料:森記念財団 都市戦略研究所『世界の都市総合力ランキング Global Power City Index YEARBOOK』●クルーズ船寄港回数/資料:国土交通省(2019年1月18日付 報道発表)●港別外国航路乗降人員数/資料:「港湾統計(年報)」国土交通省

< 福岡屈指の文教エリア

価値のある資産性 >

資料請求はこちら 資料請求はこちら
来場予約はこちら 来場予約はこちら

※掲載の環境写真は2018年8月撮影。

PAGE TOP