マンション購入ガイド

2017.02.13 更新:17.05.15

Question

分譲マンションとはどんなマンション?購入のメリットとは?

子どもたちも大きくなってきて、今の部屋が手狭になってきたため、そろそろマイホームを購入するべきなのかなと考えています。しかし頭金や住宅ローンのことで一歩踏み出せずにいます。また、周りには分譲マンションを購入した知り合いが多いのでですが、そもそも分譲マンションとはどんなマンションを指すのでしょうか?分譲マンションを購入するメリットについても知りたいです。

Answer

分譲マンションとは、一住戸ずつ購入できるマンションのことを指します。頭金は、必ずしも貯めてからでないと分譲マンションを購入できないわけではありません。

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

そろそろマイホームを購入したいな…いつかは自分だけの家が欲しいな…と考えていても、いざ具体的に考え始めるとなると、なかなか決められないものです。家族の要望や条件など様々なことに考慮して、ベストなマイホームを見つけたいですよね。

ここではそもそも分譲マンションとは何なのかということから、分譲マンションを購入するメリットなどについてご紹介します。分譲マンションを購入するということはどういうことなのか、具体的にイメージしていきましょう。

分譲マンションとはどんなマンション?

分譲マンションとは、一棟のマンションを一住戸ごとに分割して販売するマンションのことです。分譲マンションの「分譲(ぶんじょう)」は「分割譲渡」の略です。

つまり、投資目的などでマンションをまるごと一棟購入するわけでなければ、一般的に「マンション購入」をする場合、購入するのは分譲マンションになります。

よく分譲マンションと比較されるのが賃貸マンションです。
分譲マンションの場合は一住戸ずつ購入されるので、一住戸ずつに家主がいることになります。一般的にはその部屋に住んでいる人が家主ということになりますね。

それに対し、賃貸用のマンションの場合、一般的に家主が一棟まるごと所有して、一住戸ずつ貸し出す形になります。貸し出された部屋に住む人は、家主に家賃を支払います。

また、分譲マンションとして建てられ購入されたマンションの一室が賃貸として貸し出される場合もあり、「分譲賃貸」マンションと呼ばれています。

マイホーム購入は住宅ローンの支払いが不安…

マイホーム購入を検討し始めたときに1番気になるのは、やはり支払いのことでしょう。マイホーム購入となるとマンションでも戸建てでも数千万円単位のお金がかかるうえ、たいていの場合は初めての購入なので、分からないことだらけで不安になってしまいますよね。

でも、ちょっと考えてみてください。
住まいを確保するためには、住宅費完全補助のお仕事をしていたり、実家に住んでいない限りは、賃貸であれば毎月家賃が発生します。

分譲も賃貸も毎月支払いが必要

それは分譲マンションでも同じ。分譲マンションを購入するとなると、住宅ローンを借りて毎月返済していくという形が一般的です。高いと考えがちな月々の住宅ローンの支払い額ですが、自分に合った返済計画を立てることで調整することができます。

例えば、借入額や返済期間、ボーナス払いで、毎月の返済額を家賃と同じような金額に設定することもできます。住宅ローンの組み方にもよりますが、無理のない返済計画を立てれば、今の家計から大きな変化なく分譲マンションを購入することが可能です。※管理費・修繕積立費が別途必要です。

また、今は「史上最低金利」と言われるほど住宅ローンの金利が低くなっています。以前と比べてマイホーム購入への返済に関するハードルが低くなっているので、購入を迷っている方にとってはチャンスと言えるかもしれません。

分譲マンション購入には、最初に頭金を用意しないといけない?

とは言え、分譲マンションを購入するとなると、初期費用が発生します。
それは契約時に用意する頭金、登記や管理関係の引渡し時諸費用というものです。頭金や諸費用をまず捻出してからでないと、マンションを購入できないから「ちゃんと貯めなきゃ!」と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、マンション購入価格の15%とも言われる初期費用を貯めるためには、何年もかけて貯金する必要があります。その間も、住んでいる賃貸の家賃は支払い続けることになるため、実際には毎月の家賃+貯金が必要になり、色々な我慢をして節約する必要があります。例えば毎月10万円の家賃を5年間支払うと、それだけで600万円の出費となってしまうのです。その上で毎月決まった金額を貯金するのはなかなか大変ですよね。

100%ローンを組む方法も!

このような頭金のための貯金問題ですが、マンションによっては100%ローンを組むことができる物件もあります。その場合、契約時の頭金(手付金)を引渡し時に必要な諸費用分にあてることができます。

毎月の住宅ローンで返済した分譲マンションは、将来的には自分の資産になるという点もメリットです。支払いのことで悩んで購入に足踏みをしている方は、不動産会社や銀行などに一度相談してみるといいでしょう。

設備が充実の分譲マンション

それでは、設備や環境など分譲マンションにはどんな魅力があるのでしょうか。

まず、新築の分譲マンションには最新の設備がそろっているところが多いのが特長です。
生ごみを粉砕処理するディスポーザ(のばしぼうトリ)を始め、食洗機や浴室乾燥機のような家事の時短につながる設備。そして、床暖房やお風呂の追い焚き機能など、暮らしを快適にしてくれるものまで、いろいろな設備が採用されています。もちろん、マンションによってはオプションであったりもするので、モデルルーム見学の際にはきちんと確認をしましょう。

自分の部屋だけじゃない、分譲マンションならではの共用施設!

分譲マンションならではの魅力に「共用施設」があります。共用施設とは、マンションに住んでいる他の住人たちと共用で使える施設を指します。最近ではマンションごとに、様々な趣向を凝らした共用施設があるので、ぜひモデルルーム見学の際にはチェックしてみてください。

<共用施設の一例>

キッズルーム
子どもが遊べる遊具やおもちゃが置いてある屋内の共用施設です。雨の日でも子どもを遊ばせることができたり、ママ友と利用したりとお友だち作りにも最適です。

ゲストルーム
ご両親やお友だちなど、ゲストが宿泊できるお部屋です。トイレやベッド、バスルームなどホテルのように宿泊に必要な設備が整っています。※物件により異なります。

パーティールーム
キッチンスペースや大きなテーブルなどが完備されているパーティールームでは、お友だち同士でのパーティーはもちろん、お料理教室やヨガ教室などのサークルを開催するマンションも。

その他にも物件によってはバーベキュースペースや、本が自由に読めるライブラリー付きのラウンジまで、いろんな共用施設があります!自分のライフスタイルに合ったものを探してみるといいですね。

セキュリティが安心な分譲マンション

また、セキュリティがしっかりしているのも分譲マンションの特長です。管理人さんのいる管理室、オートロック付きのエントランス、複製されにくいディンプルキー、防犯カメラが設置されているところも多く、不審者に侵入されにくいつくりになっているので、家族にとっても安心です。

耐震性に関しても、分譲マンションはしっかりと対策がされています。また、鉄筋コンクリート造りのものが主流なので火災にも強くなっています。モデルルーム見学の際には担当の人に耐震性や安全面に関して積極的に質問するといいでしょう。

老後も暮らしやすい分譲マンション
マイホームを購入したら、いつまでも長く住めることが理想ですよね。分譲マンションはシニア世代にとっても暮らしやすいというメリットがあります。マンションはワンフロアなので、階段の昇り降りがありません。ほとんどのマンションにはエレベーターがついているので、エントランスから部屋までの移動も楽に行えます。また、ドアや部屋の入口など段差の少ないつくりになっていることが多く安心です。

家事に育児に、暮らしやすい分譲マンションライフ

いかがでしたでしょうか?分譲マンションを中心に、どんな特長やメリットがあるかをご紹介してきました。分譲マンションには様々な魅力があることをご理解いただけたのではないかと思います。また物件によっては、個性的な設備やサービスを備えたマンションも多数あるので、ちょっと調べてみるだけでも夢が広がるかもしれませんね!

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

マンション暮らしガイドの編集部から、マンションの選び方や購入の流れなど、マンションに関する情報をお届けします。