マンション購入ガイド

2017.07.31

Question

今つくばエクスプレス(TX)沿線がアツい!どんな魅力があるの?

友人が次々とマイホームを購入しているのですが、つくばエクスプレス沿線で購入したという話をよく聞きます。私はつくばエクスプレスにあまりなじみがないのですが、つくばエクスプレス沿線の魅力とは何なのでしょうか?私もマンション購入を検討しているので知りたいです。

Answer

都心への交通アクセスがよく、子育て環境が整っているつくばエクスプレス沿線。新しいマンションが続々と建っています。

情報提供:不動産コンサルタント 秋津 智幸

つくばエクスプレスってどんな路線?

秋葉原からつくばを結ぶつくばエクスプレス
東京「秋葉原」と茨城県「つくば」を最速45分(快速)で結ぶ「つくばエクスプレス線(TX)」は、2005年8月に開業しました。開業当初は「秋葉原~守谷」間の運行でしたが、利用者の増加に伴い「つくば」までの路線が通常運転化した経緯があります。

都内へ通勤する層に人気上昇中
運営する首都圏新都市交通の発表では、2016年度の年間輸送人員は2015年度の1億2315万人より498万1000人多い、1億2813万1000人と4%増えています。1日あたりでは2015年度より1万4000人多い35万4000人が利用したことになります。

国土交通省の公表資料でも、1日の平均通過人員(旅客輸送密度)は2006年度が7万3886人だったものが、2014年度は11万4851人に増えています。また、定期券以外の利用者4403万人と比べ、定期券の利用者は8410万1000人で、沿線居住者の利用が多い路線です。

これらのデータから、近年、都内へ通勤する方の居住沿線として人気が上昇しており、都心部へ向かう通勤線としてこれからもその人気が加速する傾向がある路線と言えます。

つくばエクスプレスの主な駅
つくばエクスプレス線(TX)は、「秋葉原」から「つくば」まで20駅があります。

主要な駅としては、
都内の「新御徒町」「浅草」「北千住」
埼玉県の「八潮」「三郷中央」
千葉県流山市「南流山」「流山おおたかの森」
千葉県柏市「柏の葉キャンパス」
茨城県守谷市「守谷」
などを通り、筑波学園都市に位置する終点「つくば」となります。

「つくばエクスプレス」が人気の理由はいくつもありますが、その中でも代表的な魅力をみていきましょう。

つくばエクスプレス沿線の魅力:交通アクセスのよさ

何といってもつくばエクスプレス最大の魅力は、都心までのアクセスの良さです。

例えば、快速電車利用時なら所要時間は以下のようになります。

「流山おおたかの森」駅から「北千住」駅まで:約15分
「流山おおたかの森」駅から終点「秋葉原」駅まで:約25分

「流山おおたかの森」駅は乗車人員が全線で2016年度第3位の人気エリアです。
第1位は「秋葉原」、第2位は「北千住」となっており、それらの都心エリアに次ぐ第3位として「流山おおたかの森」が続いていることから、その居住エリアとしての人気が伺えます。

同第4位で、東武野田線の乗換駅でもある「南流山」駅からなら以下のようになります。

「南流山」駅から「北千住」駅まで:約10分
「南流山」駅から終点「秋葉原」駅まで:約20分

また、都内の山手線沿線の主要駅までも素早くアクセスできます。
例えば「東京」駅なら、乗り換えを含めても「流山おおたかの森」駅から40分もあれば到着できます。

つくばエクスプレス沿線の魅力:新興住宅地として開発が盛ん

路線そのものが新しく、まだ土地の取得が都内と比べて容易なため、新しいマンションや戸建てがたくさん建設されています。

都心までのアクセスの良さを考えれば都内と比べて価格が安いうえに、選択の幅もあって住宅を購入しやすいエリアといえます。特にマンションは駅に近いエリアで開発されているので、人気が高いようです。

つくばエクスプレス沿線の魅力:商業施設がたくさん

居住人口が増えつつある沿線であるため、商業施設も充実しています。つくばエクスプレスの開通後、続々と沿線に大型商業施設がオープンしました。以下、一部ご紹介しましょう。

フレスポ八潮
「八潮」駅北口1分に「フレスポ八潮」があります。2006年4月にオープンした大型施設で、ユニクロやザ・ダイソー、西松屋、ノジマといった生活に密着した店舗が入居しています。

流山おおたかの森S・C
「流山おおたかの森」駅に直結のショッピングセンター。2007年3月にオープンし、2017年大規模リニューアルした総合大型商業施設です。本館と別館に分かれ、多彩な専門店が充実しています。タカシマヤ フードメゾン、イトーヨーカドー、紀伊國屋書店、流山ロフトなどのキーテナントが入っており、TOHOシネマズやセントラルウェルネスクラブもあります。

ライフガーデン流山おおたかの森
同じ「流山おおたかの森」駅東口には駅とデッキで繋がった「ライフガーデン流山おおたかの森」があります。2007年に開業したこの施設の基本コンセプトは「安心安全のまちづくりの拠点」。銀行やコンビニエンスストア、美容院、スポーツクラブのほか、医療施設や送迎保育ステーション、大学のサテライトセンターなど、日々の暮らしをサポートするサービスに加えて、地域の拠点施設としての機能も充実しています。

ららぽーと柏の葉
「流山おおたかの森」駅の隣「柏の葉キャンパス」駅西口には、2006年11月に開業した「ららぽーと柏の葉」があります。テナントしては、東急ストア、GU、ザ・ダイソー、無印良品、ムラサキスポーツ、ユニクロ、アカチャンホンポ、HMVなど多彩な有名店が入居しています。また、カルナフィットネス&スパやMOVIX柏の葉などもあります。屋上には、屋上庭園も。

iias TSUKUBA(イーアスつくば)
「研究学園」駅北口にあるつくばエクスプレス沿線最大の大型複合商業施設。「インモール」(屋内)と「アウトモール」(屋外)に核テナント10店舗、モール専門店211店舗の計221店舗が入居しており、医療機関・銀行・カルチャー教室・結婚式場などが入るほか、茨城県域ラジオ局「茨城放送」なども併設しています。

また、「研究学園」駅には、大型ショッピング施設「COSTCO」もあります。

つくばエクスプレス沿線の魅力:環境の良さ

沿線に大学が多い
つくばエクスプレス線沿線には、終点「つくば」駅の筑波大学や筑波技術大学、筑波学院大学をはじめ、20駅の間に大学施設がいくつもあります。例えば、その名の通り「柏の葉キャンパス」駅には、東京大学と千葉大学があり、「南流山」駅には東洋学園大学と流通経済大学があります。大学施設がある地域は相対的に緑も多く、治安が良くなる傾向もあり、周辺にとっても良い環境を提供しています。

自然が豊かで大きな公園も
また、まだ新しい路線ということもあって自然に恵まれた環境にあり、「流山おおたかの森」駅から徒歩10程の距離にはおおたかの生息する「市野谷の森」があります。

その他、「柏の葉キャンパス」駅の「県立柏の葉公園」があり、この公園は、45ヘクタールの広大な敷地に芝生広場、多種類の樹木林、花壇など豊かな自然が楽しめるほか、総合競技場やコミュニティ体育館、野球場、庭球場などのスポーツ施設、さらには日本庭園をはじめとする文化施設があります。

各駅から少し離れれば、まだまだ自然の残るところも多く、自然環境にも恵まれた沿線であると言えます。

つくばエクスプレス沿線の魅力:子育て環境

子どもを連れて行ける場所がたくさん
つくばエクスプレス線沿線は大型総合商業施設や自然環境にも恵まれた沿線で、各商業施設には子ども向けの施設も充実しています。また大きな公園ばかりでなく小さな公園も点在しており、子育てする世帯にとっては遊び場も豊富にあります。
例えば、前述した「柏の葉キャンパス」駅なら、県立柏の葉公園のほかにも、こんぶくろ池自然博物公園などがあり、子どもと遊ぶには充実した環境にあります。

子育て支援に積極的
子育て世帯の方にとっては保育園についても重要な関心事でしょう。
近年人口の増えたつくばエクスプレス沿線では、子どもが増えている分子育て支援に力を入れて取り組んでいます。

特に、流山市は具体的な子育て支援に力を入れており、「送迎保育システム」を導入しました。これは「南流山」駅と「流山おおたかの森」駅に“送迎保育ステーション”が設置され、ステーションと市内の指定保育所(園)を安心・安全のバスで結び、登園・降園することができるシステムです。

学校、保育園、学童が開校中
さらに、「流山おおたかの森」駅で2015年に開校した小中一貫校の「おおたかの森小学校・中学校」。この学校は「流山おおたかの森センター」や「流山市立おおたかの森こども図書館」など、公的な施設の入った複合施設となっており、親子で親しめる場所となっています。

また、同駅では駅周辺に保育園が続々と開園しています。保育園と同様に関心の高い学童についても、駅周辺に民間の学童が開校されています。

流山市のほか、八潮市、三郷市、守谷市でも子育て支援に向けた新計画を策定しており、流山市同様に今後その計画を推進に期待したいところです。

以上つくばエクスプレス沿線の魅力をご紹介しました。
新しい沿線であるがゆえに、若い同世代の居住者同士が近くに住むようになり、コミュニティの形成が活発なのも魅力の一つです。つくばエクスプレス沿線を、新しい生活の場の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

つくばエクスプレス沿線の新築マンションは「TX-つくばエクスプレス沿線特集」で紹介しています。

出典:
「首都圏新都市鉄道株式会社 平成28年度営業実績」
http://www.mir.co.jp/company/release/2017/40_1.html(最終確認:2017年7月28日)
「首都圏新都市鉄道株式会社 乗車人員」
http://www.mir.co.jp/company/number.html(最終確認:2017年7月28日)

情報提供:不動産コンサルタント 秋津 智幸

不動産サポートオフィス 代表コンサルタント。公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。不動産コンサルタントとして、物件の選び方から資金のことまで、住宅購入に関するコンサルティングを行なう。