収納ガイド

2018.04.26

Question

選びやすく取り出しやすいネクタイの収納術

主人のネクタイが多すぎて、収納に困っています。よく見ると使っているのは数本で、後はタンスの肥やしとなっているように思います。たくさんあるネクタイを上手に収納するコツを教えてください。

Answer

ネクタイの数を把握し、使っていない品は手放すなどして整理しましょう。また、ネクタイ用ハンガーを使用すると取り出しやすく収納できます。

情報提供:整理収納アドバイザー 今井 知加

ネクタイの効果的な収納方法とは?

「毎朝ネクタイを取り出すのに苦労する」「たくさん持っているけど実際に使っているのはごくわずか」「欲しいネクタイがなかなか見つからない」…などと感じることはありませんか?ネクタイの整理収納を工夫すれば、そんな悩みが解決されるかもしれません。

まずは持っているネクタイを把握
まずは、家にあるネクタイの数を把握しましょう。忘れていたものはありませんか?「ネクタイの収納術」を考える前に、まずはネクタイの整理を行いましょう。整理のポイントは、以下の通りです。

・自分の好きなファッションテイストを知る
・手持ちのスーツに合ったネクタイを選ぶ
・シチュエーションに合わせて、数種類残す

その際、傷んできたものや、古くなっているモノは最初に手放します。そして、ネクタイは「スーツに合わせられるものであること」が大前提です。手持ちのスーツ2着程度に合うものを、テンポよく選んでいきましょう。実際に着用しているイメージができれば大丈夫です。

ネクタイの収納方法は2種類ある
残すネクタイが決まったら、次は収納方法です。ネクタイの収納方法には、大きく分けて以下の2種類があります。

[ 1 ] 吊るす

おすすめは、「吊るす収納」です。ネクタイは1日中首に巻くため、汗などの大量の水分が含まれているほか、結び目にシワが残ることがあります。そのため、風通しのよいところで吊るすのが一番。また、吊るす収納は、たたむなどのアクションが省けるので、便利です。

吊るす収納の場合、ネクタイ用の専用ハンガーを利用して、クローゼットの中にかけて使います。専用ハンガーは、取り出す時に他のネクタイに干渉しにくいものを選びましょう。選びやすく、確実に1本を取り出せるものであれば、ネクタイがクローゼットの中に落ちてしまって探すということもなくなります。

[ 2 ] 平置き(平面に置く・丸める)

一方、ずっと吊るしたままにしておくと型崩れする可能性があるため、平置きした方が長持ちするという考え方もあります。シーズンオフや冠婚葬祭用のネクタイ、予備のものなど、使用頻度の低いネクタイは平置きもおすすめです。

ほかにも、型崩れしやすいニット素材のネクタイなどは、平置きするとよいでしょう。その場合は、防虫防カビ剤・防湿剤などを一緒に入れて、3~4つ折りにしたものを平らに重ねてケースに入れます。丸め置きの場合は、ゆるく丸めるようにしましょう。小さくギュッと丸めると生地を傷めてしまう上、「型崩れしにくい」という平置きのメリットもなくなるため、おすすめしません。

平置き収納の場合、シーズン中のネクタイであれば、腰の高さくらいの引き出しに収納できればよいですね。シーズンオフのものであれば、ネクタイを3~4つ折りにしたものを平らに重ねて布製ボックスなどに入れます。そちらに防虫防カビ剤・防湿剤なども一緒に入れて、クローゼットの枕棚などに保管しましょう。

ネクタイ収納前にやっておきたい、おすすめのケアとは?

ネクタイは生地がデリケートなため、基本的に洗濯はNGです。使用後には、汗などの大量の水分が含まれています。また、結び目でシワがついてしまっていることもあります。しばらく風通しのよい場所で吊るしておきましょう。ただし、ニットなど伸縮しやすい素材は吊るさないように。2~3日陰干ししておくと、ある程度のシワは取ることができます。

上記のようにネクタイに汗がついてしまった時には、すぐに水に濡らしてゆるく絞った布などでたたいて汗を取ってください。そのほか汚れがついてしまった時には、すぐに布でたたいて汚れを取りましょう。また、シルク素材は水分でシミになることがありますので、素材に合わせてお手入れ方法を選びましょう。

使う時によい状態であるために
なお、ネクタイもスーツと同様に、洋服ブラシで上から軽くブラッシングしてホコリを落としたり、形を整えたりといったデイリーケアを心がけてください。ブラシは毛先がしなやかな自然素材のモノがおすすめです。さらに、1度着用したら数日は休ませてあげる等すると、ネクタイ自体の劣化を防ぐことができて長持ちしやすいです。

ネクタイにシワがついてしまったら

2~3日陰干ししてもどうしてもシワが取れなかったら、以下の要領で軽くスチームアイロンを当ててください。

ネクタイのスチームアイロンの仕方
[ 1 ] シワの部分を手で伸ばす

[ 2 ] 当て布をして、アイロンのスチームを浮かしながら当てる
※必ずアイロンを「浮かせて」当てます。直接当てるとテカリの原因になります。

[ 3 ] 当て布を一度外し、手でシワを伸ばす

[ 4 ] スチームを切り、再び当て布をして、アイロンの熱で水分を乾かす
※上と同じく、必ずアイロンを「浮かせて」当てます。

ほかの方法として、お風呂上がりの高湿高温な浴室にしばらく吊るすなどしてもよいかもしれませんが、必ず最後は乾かして、湿気を取ってください。どうしてもシワがひどい場合は、ホームケアではなくクリーニング店に出すなど、専門家に任せた方がよい場合もありますが、普段から適切なケアを心がけましょう。

使いやすいネクタイの収納方法を探す

先に「吊るす収納がおすすめ」とは書きましたが、全てのネクタイをクローゼット等にかけるとなると、どうしても場所を取ってしまいます。お手持ちのネクタイの数、収納スペースの大きさなどにより、自分にとって使いやすい収納方法を見つけてみてください。その際、「取り出しやすさ」と「しまいやすさ」を意識してみてくださいね。ネクタイは毎日使うモノなので、快適な収納状態は心地よいですよ。

情報提供:整理収納アドバイザー 今井 知加

薬剤師・整理収納アドバイザー2級認定講師・企業内整理収納マネージャー。整理収納の理論に脳科学を活用した独自のメソッドで「片づけ力」を身に付ける方法を、スクールやメディアで発信。家事を効率化して、自分の時間や家族との時間を充実させる方法をご案内。