収納ガイド

2018.05.30

Question

お風呂収納のコツとは?

家族それぞれのシャンプーやタオルなど、ものが多いお風呂場。人目につかないぶん散らかしっぱなしで、お掃除も大変…。すっきり清潔なお風呂場をキープするには、どうすればいいでしょうか?

Answer

お風呂収納は直置きを避けて、風通しがよくお掃除もしやすい「かける・吊るす収納」を活用しましょう。シャンプー類は、家族で共用できるものがあれば容器の数を減らせますよ。

情報提供:整理収納アドバイザー 今井 知加

お風呂って、どういう所?

お風呂場は毎日必ず使う場所ですが、収納についてどんな工夫をされていますか?基本的には家族しか使わない場所ですし、来客時に見られることもほぼないので、つい後回しにしてしまっているかもしれませんね。

ですが、お風呂場は毎日の疲れを癒し、家族みんながリラックスする大切な場所。だからこそ、普段から清潔にしておきたい場所です。

そんなお風呂場には、狭い空間にいろいろなものが収納されています。

・シャンプー、リンス
・ボディソープ(石けん)
・洗顔アイテム
・タオル
・掃除用の洗剤

さらに、小さな子どもがいれば子ども用のおもちゃも加わるかもしれません。こんな風に、お風呂で使うものはたくさんあるので、清潔にしたい場所なのに掃除は大変になりがち…というのもわかります。ただし、お風呂場の中にシャンプーや洗剤のストックを置くことは少ないですし、もの自体のジャンルは限定されているので、コツさえ押さえれば、浴室の整理・収納は意外に簡単ですよ!

お風呂収納のポイントはこれ!

限られたスペースである、お風呂収納のポイントは次の3つです。

・ものの種類を減らし、数を少なく
お風呂に置くものをなるべく少なくするには、種類を減らすことが有効です。シャンプーや洗顔料などを、何種類も置いていませんか?

・狭いスペースを有効活用して、収納力をアップ
棚や壁面を上手に利用して、収納力を上げましょう。

・水気を乾かす工夫をして、掃除がしやすい環境をつくる
清潔を保つために欠かせないのが、カビが発生しにくい工夫。直置きのかわりに、「かける・吊るす収納」を活用します。

以上のポイントを踏まえ、すっきり清潔なお風呂を目指して整理・収納を始めましょう!

サクサク片付く、お風呂整理の手順

お風呂収納のポイントの中でも、最も大切なのは「ものをなるべく少なくすること」。整理がスムーズに進む手順をご紹介します。

「全部出し」でものを減らす
まず必要なのは、ものを整理すること。整理の基本「全部出し」から始めましょう。「全部出し」といっても、お風呂ではすでにものが見えるように配置されていることが多いのですが、それらを平たく広げて並べ、一度に見えるようにすることが大切なのです。こうしてみると、意外にものを持ちすぎていることがわかったり、「種類を減らせるかも?」と気づくこともできたりするからです。

全部出しをしたら、使っていないものから処分しましょう。活躍していない掃除道具、増えてしまったソープ類などはありませんか?中身が少なくなった洗剤は、この機に詰め替えを。

また、「ものの種類を減らす」ということも考えてみましょう。家族ばらばらに使っているシャンプー・リンスやボディソープ類、タオル類のうち、ほかの家族と共用できるものはありませんか?たとえば、家族で一番肌のデリケートな人(子どもなど)にボディソープや洗顔料を合わせることで、容器の数が大幅に減らせるケースもあります。

さらに、頻繁に使わないもの・数が多すぎるものは、お風呂場の外で保管してもよいでしょう。たとえば、お風呂場でズックを洗うときだけ使う洗剤や、家族それぞれのシャンプーなどは、別の収納場所を確保して移動します。「外に場所を作るのが大変なので、掃除のときだけ片付けられればいい」という場合は、掃除のたびに容器類を外に出せるように、カゴなどにまとめておくと楽に動かせますよ。

お風呂収納は「かける・吊るす」
ものを絞り込んだら、次は収納です。洗い場と浴槽側などでエリアを区切り、もののジャンルごとに分けて収納するのがポイント。たとえば、体を洗うボディソープと掃除用の洗剤を近くにまとめて置いて、家族が取り間違えてしまった…ということがないように、きちんと分けましょう。

収納方法は、基本的には直置きを避け、「かける・吊るす収納」を活用します。掃除がしやすく、カビの発生も防げますよ。

おすすめの収納グッズは、S字フック。タオルハンガーパイプにかけるほか、マグネットをくっつけられる壁なら、マグネットフックを取り付けることも可能です。ただし、湿度の高い場所なのでサビには要注意。気になる場合は、マグネットをラップで包むなどの工夫をしてみましょう。

子どものおもちゃなど細々としたものが多い場合は、洗濯ネットのようなメッシュの袋や、100均などで扱われている吊り下げ式のプラスチックカゴなどもおすすめです。

お風呂の整理をして気持ちよく過ごす

他人に見られることの少ないお風呂は、整理・収納の優先順位が低くなってしまいがちですが、毎日のリラックスに欠かせない場所。整理・収納を徹底的に行うことで、清潔を保つための掃除が楽に行えます。疲れを癒して、気持ちのいいバスタイムを過ごすために、また家事効率化のために、ぜひお風呂の整理に取り組んでみてくださいね。特に、梅雨シーズンの防カビ対策にもおすすめです!

情報提供:整理収納アドバイザー 今井 知加

薬剤師・整理収納アドバイザー2級認定講師・企業内整理収納マネージャー。整理収納の理論に脳科学を活用した独自のメソッドで「片づけ力」を身に付ける方法を、スクールやメディアで発信。家事を効率化して、自分の時間や家族との時間を充実させる方法をご案内。