マンション購入ガイド

2018.09.06

Question

マンションのエントランスって?役割と見るべきポイント

今、マンション購入を検討しており、モデルルームの見学をしはじめたところです。モデルルームを見ていると、エントランスやロビーという言葉をよく耳にしますが、それぞれ違いがあるのでしょうか。マンションのエントランスで見るべきポイントはどのような点なのでしょうか?

Answer

マンションにおけるエントランスとは、正面玄関のこと。マンションの雰囲気を決める顔のようなものです。見た目ばかりでなく、風除機能や防犯性を高めるといった役割を担っている大切な場所でもあり、宅配ロッカーなどの便利な設備も配置されています。

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

目次

そもそもマンションのエントランスって、どこのこと?

マンションやホテル、ほかにもレジャー施設などでよく耳にする、エントランスという言葉。基本的にいずれの建物でもその役割は建物あるいは施設への入口という点では同じです。ただ、マンションにおけるエントランスとロビーの違いをきちんと知っていますか?意外と知っていそうで実は見逃しがちな、エントランスに関する情報をご紹介します。

エントランスとは玄関のこと
端的にいえば、エントランスとは入り口部分のこと。マンションなら正面玄関を指します。タワーマンションや高級マンションでは、このエントランスを入ると広いスペースが取られていることがあり、このスペースをエントランスホールと呼びます。

マンションによっては、エントランスホール内にソファやイスなどの家具や調度品が設置されていることがありますね。マンションでいうロビーはこの部分を指します。エントランスロビーと呼ばれることもあります。区別がしにくいエントランスとロビーは、明確な決まりはありませんが、エントランスを入って広がるある程度の広さのある空間が(エントランス)ロビーとなります。ただし、エントランスロビーも含んでエントランスという場合もあります。

エントランスは、マンションの「顔」
正面玄関であるエントランスは、マンションにおいては訪問者が最初に訪れる部分でもあり、第一印象を決める顔ともいえる場所です。

例えば、開口部が広くデザインされた重厚な背の高い扉のあるエントランスやエントランスの床部分に高級な敷石が敷かれていたりと、そのエントランスのデザインや素材でマンションそのものの印象も大きく変わってきます。また、建物内に入って、エントランスロビーも床の素材が良く、天井が高く広々としていればさらに豪華な印象を抱いたりしますね。

ほかにも住民の方々が快適に過ごせるよう、安全上の設備や利便性が充実させているなどエントランス自体もさまざまな役割を果たしています。マンション選びの際は、立地や部屋と並んで実は同じくらい、エントランスはこだわっておくべきポイントかもしれません。

エントランスの重要な役割
マンションのエントランスそのものにも以下のような重要な役割があります。

風除設備としてのエントランス
分譲マンションでは、エントランスホール(ロビー)までに、まず一枚扉があり、その奥にもう一枚扉がある二重の構造になっているマンションが多くみられます。最初の扉は、自動ドアであったり、手動式であったりとさまざまですが、2つ目の扉は最近の分譲マンションではオートロックであることがほとんどです。

そして、この扉と扉の間の空間を風除室(ふうじょしつ)といいます。風除室は、外気の流入や風の流れを緩和する目的で建物の入口に設けられた小部屋のような空間のことで、この空間もエントランスの一部となります。
この空間で、屋外との気温差を調節したり、建物内に風が流れ込むのを防ぐことで、エントランスロビー内の室温を保つなど快適性を維持するために設置されています。

防犯機能としてのエントランス
一般的なマンションでは、風除室までは誰でも入ることができるのが一般的です。超高級マンションでは風除室さえ入居者か管理室の許可がなければ、入ることができない物件もありますが、通常は風除室までは入ることができます。そして、オートロックのあるマンションでは、この2つ目の扉の手前にオートロックが設置されます。入居者や管理室でオートロックを解除すると2つ目の扉が開いてマンション内に入ることができるようになります。

さらに、最近は風除室に防犯カメラが設置されるマンションも増えており、オートロックだけでなく訪問者のチェックをすることで、防犯性を高めています。

マンションエントランスあるとうれしい設備ベスト5

マンションのエントランスには、そのマンションの第一印象を決める「顔」であること、それ以外にも防犯などの機能がある場所と説明しました。マンションにもよりますが、エントランスやエントランスロビーに設置されることの多い、施設や設備をピックアップしてご紹介します。

[ 1 ] 24時間対応の宅配ボックス
仕事の忙しい人、特に帰りが遅くなってしまう人に人気なのが、24時間対応の宅配ボックス。時間指定をしてわざわざ再配達の連絡をいれる必要もなく、利便性を代表した設備の1つといえます。外部から配達されるため、エントランスに設置されることが多い設備です。

[ 2 ] オートロック
マンションのエントランスで、最もメジャーな設備がオートロックです。マンションのセキュリティ性の高さを示す機能の一つです。まず、建物に入る時点で1つ目のセキュリティであるエントランスのオートロックが部外者をブロックします。一般的には、鍵やカード、または暗証番号などを使って、ロックを解除します。最新のマンションでは、来訪者の顔認証をするものなど、新しいセキュリティ技術が導入されているので、新築マンションを検討の際には、ぜひチェックしてみてください。

[ 3 ] ロビー
エントランスの一部ともいえるロビー。広々としていて明るいロビーは、マンションを上品に魅せる外せない施設といえます。観葉植物やソファ、椅子など家具や調度品が空間演出し、お客様を招いたときにも好感を抱いてもらえます。ロビーとなる空間がないマンションもありますが、やはりロビーがあると違いますね。

[ 4 ] エントランスのデザイン照明
デザイン面でこだわる人に人気なのは、エントランスの照明。夜間は照明によって昼間とは印象もがらりと変わり、エントランスのイメージがアップするマンションもたくさんありますね。エントランスとともにライトアップされた外観や通路を眺めながら歩くと、ホテルにやってきたかのような気分に。また、十分な明るさを保っておくことで防犯面でも役立ちます。

昼間のマンションの印象はもちろん、夜にはどんな風にエントランスが見えるのか、事前にチェックしておくのもいいかもしれません。

[ 5 ] 防犯カメラ
マンションの入口であるエントランスは、マンション居住者の方以外にもさまざまな人が出入りします。防犯意識が高くなってきた昨今、欠かせない設備として防犯カメラがあります。入館者をチェックすることはもちろん、防犯カメラがあるということ自体が、マンションに不要に近寄りにくくなる抑止力になります。多くの人が暮らすマンションだからこそぜひあるとうれしい設備です。

高級マンションのエントランスには、ほかにもこんなサービスが!
グレードのあがる高級マンションのエントランスには、ほかにも車がエントランス前に停められる車寄せがあったり、エントランスホール内にあるフロントに在中してくれるコンシェルジュがいてくれたりと、充実したサービスが盛り込まれています。子育てや共働きで忙しいご家庭は、このようなプラスαのサービスを持つマンションを探すのも1つかもしれませんね。

エントランスのチェックポイントは?

マンションの購入を検討するうえで、エントランスも立地や部屋と同じくらい、大切なチェックポイントの1つだとご説明しました。では実際にエントランスのどこをチェックすればいいのか、わかりやすくご紹介していきます。

デザイン性をチェックしよう
エントランスはマンションの「顔」。自分が住むことになる場所であることはもちろん、知人や友人を招いたとき、最初に目にする部分でもあります。エントランスやエントランスロビーのデザインが自分の好みにあっているかどうか、チェックするうえでは外せないポイントです。

例えば、御影石や大理石といった石材が壁や床に敷かれたエントランスなら、高級かつ重厚なイメージがありますね。それに合わせて天井も高く、間接照明などで演出されていれば、さらにイメージはアップします。それぞれマンションのコンセプトにあわせて、エントランスのデザインも異なるので、自分の好みに合ったエントランスに出会えるといいですね。

設備がどこにあるかもチェックしよう
日々の暮らしをイメージしたとき必要な施設や設備が備わっているかも大切。エントランス付近には宅配ボックスのほかさまざまな施設や設備が設置されているマンションも多いですね。例えば、エントランス付近にはメールボックス(郵便受け)や管理人室などもあります。メールボックスは暮らしに不可欠ですが、微妙なメールボックスの配置で快適さが違ってきますので、その位置は確認しておくとよいでしょう。

また、マンションでは管理人の方が常駐、あるいは日勤でマンションを管理してくれていますが、入居後の何かの時にお世話になりますので、その管理人の方が控える管理人室(管理事務所)がどこにあるかも確認しておきましょう。併せて、管理人の方の勤務する時間帯なども確認しておくとよいでしょう。

防犯設備のチェックも忘れずに
マンションを選ぶ理由の1つでもある「セキュリティ」。すでにご紹介しましたが、オートロックや防犯カメラなどマンション購入の際には、エントランスのセキュリティもきちんとチェックしておきたいものです。最近ではオートロックを二重に設けていたり、防犯カメラを数か所設置しているマンションも。

意外かもしれませんが、近年のマンションにおけるオートロックの普及率は30%前後といわれています(※)。分譲マンションならオートロックがあるのが当たり前のようですが、中古のマンションなどではオートロックがないマンションもたくさんあります。新築マンションではオートロックが設置されたマンションが多くなっていますが、やはり確認は忘れずに。
もし、防犯設備やセキュリティに関して疑問があったら、マンションを販売する担当者の方に詳しく説明してもらえるので、モデルルーム見学の際などは、ぜひ質問してみてください。

※出典:平成25年住宅・土地統計調査(総務省統計局)
(http://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2013/pdf/giy00.pdf)(2018年8月14日最終確認)

ほかにも管理状況のチェックは見逃しがち
また、すでに完成しているマンションをチェックするときに忘れてはならないのは、エントランスを通して見る「マンションの管理状況」です。例えば、エントランスやロビーなどの照明の電球が替えられていない、床にゴミが落ちているなど。これらはマンションの管理会社がきちんと対処できていない証拠といえます。

建設中の新築マンションでは確認できない点になりますが、すでに入居者のいる新築マンションや中古マンションを検討される際には、チェックするようにしましょう。設備が充実していることも大切ですが、それらの管理が行き届いているか、運用面のチェックを忘れないようにしましょう。

エントランスのそもそもの意味、マンションにおける役割をご紹介してきました。エントランスはデザイン性だけでなく、利便性と防犯性においても重要なポイントです。マンション購入を検討している方は、部屋の広さや立地の良さだけではなく、マンションの「顔」であるエントランスにも是非注目してみてください。

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

マンション暮らしガイドの編集部から、マンション情報をお届けします。