長谷工の住まい HASEKO URBEST

長谷工アーベストの新築マンション等住まい検索サイト

MENU

櫻井幸雄の人生相談

2019.06.05

Question

マンションを買ったばかりですが、夫が転職を考えています。

櫻井先生こんにちは。現在夫と2人暮らしをしています。

昨年、夫名義で住宅ローンを組み、マンションを購入しました。購入したばかりだというのに、最近夫が転職したいと言っています。

今の夫の会社は比較的安定しており、給与はそこそこで、私としては特に不満などございません。ただし夫は自分の能力を試したい、と立ち上げたばかりの会社に転職しようとしています。

新しい会社は創設したばかりで社員もまだ少なく、私としては非常に不安です。そこで、櫻井先生に質問したいことが2つあります。

・夫名義で住宅ローンを組んでいますが、途中で転職をしても大丈夫でしょうか。
・妻として夫のチャレンジを応援するべきか、将来のことを考え今の会社で頑張り続けるか悩んでいます。

櫻井先生、アドバイスお待ちしています。
(34歳 女性)

ご主人が転職を考えていらっしゃるのですね。いろいろと不安がでてくるでしょう。それは当然です。まず、不安の1つ目は組んだばかりの住宅ローンの問題。転職してもよいのか、という点です。ですが、これは心配なしです。

住宅ローンの規定に「住宅ローン完済まで、転職してはならない」という決まりはありません。転職しても、住宅ローンを滞りなく返済し続ければまったく問題ありません。といっても、「滞りなく返済し続けることができるか」という問題はあります。

新しい会社の事業がうまくいかず、会社がなくなる可能性もあります。会社がなくなれば、しばらく収入が途絶えるでしょう。さらに、次の勤め先で収入が減り、住宅ローンの返済に支障がでる可能性もあります。わるい方向に進むかもしれないと考えると、不安がどんどん広がってゆきます。だったら転職などせず、今の会社に止まっていてくれればいいのに、ですね。さて、どうしましょうか。

夫が転職や起業を言い出したとき、妻の反応2つ。新しい道に踏み出すのを応援するか、踏みとどまらせるか、です。どちらが正解かは分かりません。転職して大失敗、貧乏になってしまうかもしれません。一方で、大成功し、大金持ちになる可能性もないとはいえません。

貧乏になるよりはお金持ちになったほうがいいですね。でも、お金持ちになったからといって、幸せとは限りません。お金を得たために夫が家族から離れてゆくかもしれないからです。

貧乏になるかもしれない、お金持ちになっても不幸になるかもしれない……そう考えると、転職などせず、今のままで安定した生活を守ったほうがよいと言うことになります。「たった一度の人生なので、思い切ってチャレンジすべき」という考え方もありますが、チャレンジできる人とできない人がいます。

ご質問者が、「チャレンジする人生はどうしても無理」というなら、あえて飛び込まないほうがよいでしょう。「チャレンジしないほうがよい」という予感があるのかもしれません。

それでも、どうしても夫がチャレンジしたい、と言うなら……そこから先は、2人の話し合いです。もしかしたら、どうしても今の会社に居たくない、という切実な事情が夫にあるのかもしれません。

また、「そこまで決断しているなら、止めることができない。失敗しても、私はついて行く」となることもあるはずです。逆に「その程度の考えなら、転職する意味がない」となってしまう可能性もあります。いずれにしろ、真摯に話し合うことです。

同じ船に乗っているのですから、違う方向を向くわけにはいきません。違う方向を向いたまま船を進めると、いずれ、どちらかが船を下りることになります。同じ方向を定めること、それが今、一番大切なことだと思います。

情報提供:住宅ジャーナリスト 櫻井幸雄

1984年から週刊住宅情報の記者となり、99年に「誠実な家を買え」を大村書店から出版。以後、多くの著書を送り出し、新聞雑誌への寄稿、コメント出しも精力的にこなす。2000年の文化放送「梶原放送局」を皮切りに、テレビ・ラジオに多く出演。