長谷工の住まい HASEKO URBEST

長谷工アーベストの新築マンション等住まい検索サイト

MENU

 

収納ガイド

Question

ベルトの収納方法とお手軽DIY!

ベルトをクローゼットにある引き出しに収納しています。ベルト同士が絡まって取り出しにくかったりして、欲しいモノを探すのも一苦労。どうしたら取り出しやすくスッキリと収納できるでしょうか?

Answer

ベルトの収納方法には3種類あり、さらに、収納したい場所やアイテムによってもさまざま。ベルトを正しく収納することで、スッキリと収納できるうえ、ダメージも防ぐことができますよ。

情報提供:整理収納アドバイザー 今井 知加

目次

ベルトを種類別で分ける

ベルトは長く、折りたたむことができないため、かさばって収納方法にお困りの方も多いでしょう。ベルトを上手に収納する方法にはどんなものがあるのでしょうか?

いろいろなベルト
※イメージ写真

収納方法に入る前に、まずはベルトを種類別に分けてみましょう。素材やバックルの形状、幅など。ビジネスやフォーマルな場面用と、カジュアルや普段使い用に分けるのもよいですね。用途に応じて分類すると、収納しやすく、また必要なときに取り出しやすくなりますよ。

ベルトの収納方法は3種類

ベルトの収納方法には、「吊るす」「掛ける」「巻く」の3種類があります。収納したい場所やアイテムによって収納方法を決めましょう。

[ 1 ] 吊るす
ベルトの金具部分をフックなどに引っ掛けて吊るす収納方法です。ベルトを縦に一本ずつ収納できるので、かさばる心配もなく、見た目もスッキリ。まっすぐに吊るすことができるので、ベルトの形状がいびつになることもありません。使うときも、しまうときも、引っかけるだけなのでとても簡単です。

[ 2 ] 掛ける
ベルトをそのまま何かに通して引っ掛ける収納方法です。タンスのポールやハンガー、ベルト専用のアイテムなど。ベルトの本数が少ない人は、この方法が便利です。場所も取らず、取り出しやすいうえ、移動も自由にできます。

ただし、引っ掛けるだけなので滑り落ちやすいともいえます。たくさんのベルトを重ねて掛けると、取り出すときに他のベルトが乱れることもあるので注意が必要です。

[ 3 ] 巻く
ベルトを巻いて収納する方法です。巻くことでコンパクトに収納可能です。巻き方にもいくつか種類があります。

ベルト
※イメージ写真

・ベルトの金具がついていない剣先のほうからくるくると巻いていきます。金具まできたら、剣先を金具に通して止める方法です。形が崩れにくいのが特徴です。

・金具の表側から剣先を通した後、剣先から巻いていく方法です。高さが均一になるため、ベルト同士を縦にも横にも重ねられてすっきり収納できます。

・金具を中心に円を作り、ベルトの剣先を円に巻き付けるように通していき、最後に剣先を金具で止めます。ショップのディスプレイのようにおしゃれに巻くことができます。

ベルト収納はさまざまなアイテムで解決!

朝は出掛ける準備などで何かと忙しいですよね。そんなときもストレスなくベルトを取り出せる、収納ボックスなどのアイテムを使ったさまざまな収納アイデアをご紹介します。

手軽に購入できる収納アイテム
●ボックス
ボックスの中にベルトを置いて収納していく定番の方法です。しっかり巻いたベルトをそのままたくさん保管してもよいですし、きれいに並べて収納すれば、必要なベルトをすぐに見つけ出せます。

●ケース
仕切りケースを使って収納すると、ベルト同士が絡まることもなく、使いたいベルトを一目で探すことができます。しまうときも元の場所に戻せばいいだけなので簡単です。ベルトが多い人は、仕切りが細かく分かれていると整理しやすいですよ。

●ハンガー
ハンガータイプのアイテムは、ベルトを1つずつ引っ掛けて収納できます。持っているベルトの数が少ない方にはこちらのアイテムが便利。また、ネクタイと一緒に収納するのにもおすすめです。

●ラック
長いベルトは、タンスのポールなどの棒状のモノに引っ掛けて収納することが可能です。たくさん引っ掛けて収納ができる分、場所を取るので、ベルトの数や収納スペースを考えて収納するとよいですよ。

●ベルト収納専用アイテム
ベルトハンガーなどのベルト収納専用のアイテムならば、省スペースでたくさん収納できたり、選びやすく収納することができます。タンスのポール部分などに引っ掛けて使えるので場所も取りません。

100円均一ショップのアイテムを使ってDIY
100円均一ショップのアイテムを使い、DIY初心者でも簡単にできるお手軽収納術をご紹介します。

●ハンガー+S字フック
ハンガーにS字フックなどのフックを取り付け、ベルトを吊るして収納します。S字フックは100円均一ショップで手に入るので、ワンコインで手軽にDIYできます。

●突っ張り棒+S字フック
クローゼットやタンスの中に突っ張り棒を張り、そこにS字フックを取り付けてベルトを吊るします。

●接着フック
接着式のフックを壁やタンスに取り付けるだけ。狭いスペースにも収納可能。ベルトの数が少ない人におすすめです。

●アイアンバー+S字フック
アイアンバーも100円均一ショップで買える便利なアイテム。壁やタンスにアイアンバーを取り付け、そこにS字フックを掛けてベルトを吊るします。ベルトの数に合わせてバーのタイプを選びましょう。

正しい収納でベルトへのダメージを軽減できる

クローゼットの奥でつぶれていたり、ベルト同士の摩擦などで傷ついたりはげてしまったり、なんていう経験はありませんか?そういったダメージを防ぐのにもっとも効果的なのが、正しい収納です。一つ一つきちんと収納することで、お気に入りのベルトが長持ちしますよ。

情報提供:整理収納アドバイザー 今井 知加

薬剤師・整理収納アドバイザー2級認定講師・企業内整理収納マネージャー。整理収納の理論に脳科学を活用した独自のメソッドで「片付け力」を身に付ける方法を、スクールやメディアで発信。家事を効率化して、自分の時間や家族との時間を充実させる方法をご案内。
HP:http://yutorijikan.blog.jp/