住まいの相談室 住まいの相談室

第7話 シニアの新築マンション住み替えのメリットって?

マンガでわかるマンション購入「住まいの相談室」
第七話、いかがでしたでしょうか?

マンガの監修をしている、住まいのアドバイザーの原田です。
第七話では、定年退職を機に、今後の夫婦の暮らしと住まいを見直して
新築マンションに住み替える芝山さん夫婦が出てきましたね。

このマンガに出てくるように、新築マンションに住み替えるシニアは実際にたくさんいらっしゃいます。

ここでは住宅情報サイトSUUMOが行ったアンケート結果を元に、*1
シニアの住み替えの傾向についてご紹介いたします。
このアンケートは、実際に住み替えを行った50歳以上の103名に対して実施されました。

住み替えを決めたきっかけは?
シニア層が「住み替えを考えたきっかけ」の上位3つは、以下のような結果になりました。

  • 1:子どもが独立して夫婦2人になったから
  • 2:家が老朽化したから
  • 3:バリアフリーなど老後の安全性を考えた住まいに移りたかったから

子どもが独立して夫婦2人になったから
お子様が独立されると、夫婦2人では広い家を持て余してしまう…
そんな方が、コンパクトで日々の掃除が楽なマンションに住み替えられることが多いです。

実際に、アンケートの「部屋数、広さは住み替え前と比べてどう変わった?」という質問に対しては

  • 減った…47.6%
  • 増えた…26.2%
  • 同じ …26.2%

と、「減った」と答えた人が最も多いという結果に。

住み替え前の家よりも部屋数の少ないマンションに住み替えることで、
夫婦2人で本当に必要な分だけのスペースで、スッキリとした生活をすることができますね。

バリアフリーなど老後の安全性を考えた住まいに移りたかったから
また、今回のマンガに出てきた芝山さん夫婦のように、今後の安全性や家事のしやすさを考えて
ワンフロアで完結するマンションに住み替える方も多くいらっしゃいます。

マンションは室内に階段がない他にも、玄関や各部屋の入り口、
部屋とバルコニーの間などの段差が小さく、フラットに近い作りになっています。
その他にも、新築マンションのお風呂場には浴室暖房・換気乾燥機がついている場合が多く、
冬場の温度差によって起こるヒートショック予防にもなります。

年齢とともに上がってしまう、自宅での怪我や事故のリスクを減らすことができますね。

その他にも、住み替えを考えたきっかけとして

  • ・もっと生活に便利なところに住みたかったから
  • ・もっと駅に近いところに住みたかったから
  • ・もっと住宅設備が良いところに住みたかったから

などのような回答がありました。

年齢が上がるにつれて、若い頃のようにはいかなくなることが必然的に増えますが、
住まいをより便利なものに見直すことで、老後も快適な生活を送ることが可能です。

新築マンションへの住み替えを検討されている方、今の住まいを見直したい方には
実際の「住まいのアドバイザー」がサポートさせていただきます。
ぜひお気軽にご相談ください!

第八話では、「独身女性が新築マンション購入ってアリ?」というお話をご紹介します。
次回の更新をお楽しみに!

  • 「住まいの相談室」という店舗はマンガの設定上のものですが、長谷工アーベストではお客様のご相談をweb、電話、また本社の住まいのカウンターでお受けしております。
  • マンガ内にマンションバルコニーでのガーデニングについての記述がありますが、マンションバルコニーでガーデニングを行う場合は、各物件の規約をご参照の上、ルールに則って行うようにしてください。
*1・・・シニアの住み替えポイント10(SUUMO)
http://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/
sumai_nyumon/iesagashi/c0snr000/

住まい購入のプロに無料相談
何度でもOK!

お気軽にお問い合わせください

住まい購入のプロに無料相談 0120-344-845 10:00~17:00(定休日水曜) メールで相談する ※メールでのご相談は長谷工住まいの会に入会が必要となります

ピックアップコンテンツ