マンション購入ガイド

2017.08.31

Question

神奈川で東京都心まで通勤1時間圏内でマンションを購入するならどこ?

神奈川県でマンション購入を検討しています。職場は東京都心ですが、予算や環境などを考慮して、都心から少し離れたところで探そうと思っています。東京都心まで1時間以内で行ける神奈川県の住みやすいエリアと言えばどのようなところがありますか?

Answer

神奈川県には、東京都心までの交通アクセスが良く、手ごろな価格のマンションを見つけられる駅があります。また、都心から距離的には遠くても快速・特急を利用して東京へ30分以内で行ける駅もあります。

情報提供:不動産コンサルタント 秋津 智幸

神奈川県からアクセスしやすい都心部と言えば、山手線の南西部(東京から新宿近辺)やその内側となります。神奈川県の場合、横浜や川崎といった事業所の多い中心地も県内にあるため、どこに通勤するかによっても大きく異なってきますが、今回は、東京都内へ通勤するのに交通アクセスが良いエリアをご紹介しましょう。

首都圏でも屈指の人気路線のねらい目はどこ?
神奈川県内から東京方面に向かう路線は以下のような路線の沿線です。中でも東急東横線と東急田園都市線は以前から人気の路線のため、マンション価格は高めになります。

東急田園都市線

東急田園都市線沿線の魅力とは?
渋谷から神奈川まで路線が伸びている東急線は人気の沿線です。

東急田園都市線は東急線の中でも人気が高い住宅街がある中央林間駅まで伸びています。
また、渋谷駅から東京メトロ半蔵門線と、さらに半蔵門線の終着駅である押上駅を介して東武線(東武スカイツリーライン・伊勢崎線久喜駅・日光線南栗橋駅まで)と、相互直通運転を行っています。

路線が長いため通勤ラッシュ時は混雑しますが、アクセスが大変良いので非常に人気が高い沿線です。

東急田園都市線沿線のマンションの相場は?
東急田園都市線沿線で、渋谷駅まで乗車時間40分程で行けて、比較的手ごろな価格でマンションを購入できるエリアの駅を挙げると、梶ヶ谷駅、鷺沼駅、あざみ野駅でしょう。

東急田園都市線沿線は人気沿線のため、どの駅も70㎡台だと平均価格は5,000万円前後になりますが、梶ヶ谷駅とあざみ野駅は4,000万円台後半でマンションを探すことができ、乗車40分圏では比較的お手ごろのエリアです。生活しやすい梶ヶ谷駅は、駅前に東急沿線らしく東急ストアが、少し離れたところにコジマ×ビックカメラもあり、買い物に便利なエリアです。

渋谷までの乗車時間が50分程の、つきみ野駅や中央林間駅まで範囲を広げれば、平均面積は60㎡半ばで、3,000万円台前半のマンションもあり、グッと購入しやすくなります。

東急東横線

東急東横線沿線の魅力とは?
東急東横線は、中目黒駅、自由が丘駅、二子玉川駅、田園調布駅など、高級住宅街がある駅や、最近地価高騰率で話題になった武蔵小杉駅もあります。東急東横線は、終点の横浜駅から渋谷駅まで快速急行で乗車30分以内、横浜駅の隣の各駅停車駅である反町駅からでも乗車40分以内とアクセスが良く便利です。

交通アクセスが良く人気の路線
交通アクセスが良く人気が高いため、東急東横線沿線のマンションの相場は高くなっています。
路線は渋谷駅から東京メトロ副都心線に乗り入れ、小竹向原駅から西武池袋線に、和光市駅から東武東上線森林公園駅まで乗り入れ、横浜駅からはみなとみらい線(横浜高速鉄道線)で元町・中華街駅まで乗り入れています。

東急東横線沿線のマンションの相場は?
東急東横線沿線は、なかなか手ごろな価格でというわけにはいきませんが、沿線の中では、日吉駅、綱島駅、菊名駅あたりだと平均面積70㎡前後、平均価格4,000万円台と、比較的手が届きやすいマンションがあります。

この中でも日吉駅は東急目黒線の始発駅でもあり、目黒線の終点である目黒駅や、乗り入れ先の東京メトロ南北線沿線の永田町駅、四谷駅、飯田橋駅、都営地下鉄三田線沿線の日比谷駅、大手町駅といった都心部へ向かうのにも便利な駅です。

ちなみに、横浜駅と武蔵小杉駅では、平均面積70㎡前後で平均価格が6,000万円台と、高めの価格設定になっています。

小田急線

小田急沿線の魅力とは?
小田急線には、
・新宿駅と小田原駅を結ぶ「小田急小田原線」(箱根登山鉄道の箱根湯本駅まで乗り入れ)
・相模大野駅から江ノ島駅までの「小田急江ノ島線」
・新百合ヶ丘駅から唐木田駅までの「小田急多摩線」
があります。

複々線化事業で通勤ラッシュが緩和へ
各沿線から新宿駅へ向かうため、通勤ラッシュ時の混雑が激しい路線です。
そのため、代々木上原駅から和泉多摩川駅間で、上下線を各 2 本ずつ増やし計 4 本の線路にする複々線化事業を行っています。2018年に完成したら、運行本数が3割も増えるため、通勤ラッシュがかなり緩和されるでしょう。

小田急沿線のマンションの相場は?
神奈川県内から新宿駅までドアツードア1時間以内(マンションと勤務先それぞれ駅徒歩10分、乗車40分以内とした場合)で行けるねらい目の駅は、各駅停車の柿生駅や百合ヶ丘駅です。平均面積60㎡~70㎡台で、平均価格4,000万円となっています。

柿生駅や百合ヶ丘駅は、駅周辺にスーパーがあります。1駅隣の新百合ヶ丘駅まで行けば、新百合丘オーパやイオン、新百合ヶ丘エルミロードなどの商業施設があります。ショッピングだけでなく、スポーツジムや映画館もあるので、生活面で不自由することはありません。

乗車1時間以内まで広げると、小田原線の海老名駅や江ノ島線の大和駅が候補になります。
海老名駅と大和駅は、神奈川県の中央部と横浜を結ぶ相鉄線の沿線でもあり、横浜駅への通勤に便利な駅です。特に海老名駅は、駅の両側に大型複合商業施設ができたため、ここ数年で急激に人気が高まっています。

京急線

京急線沿線の魅力とは?
京急本線は品川駅を起点に川崎駅と横浜駅を経由して、久里浜線で横須賀の先端三崎口駅まで繋がり、京急川崎駅から小島新田駅までを走る大師線、逗子線があります。また、品川駅から先も都営浅草線と京成本線を経由して成田スカイアクセス線や北総線、芝山鉄道に乗り入れています。

最大の特徴は、京急蒲田駅から空港線で羽田空港へ、成田スカイアクセス線を経由して成田空港へも繋がり、羽田空港と成田空港を結ぶ唯一の路線であるという点です。

京急線沿線のマンションの相場は?
交通アクセスの良さにもかかわらず、京急線沿線のマンションの価格は比較的安いのでねらい目でしょう。そのため、少しずつ人気が出始めています。

起点でもある品川駅まで乗車時間40分以内で考えると、各駅停車駅の南太田駅あたりまでがあげられます。平均価格が3,000万円台のファミリー向けマンションがあるねらい目の駅は、平均面積が60㎡台前半ですと生麦駅、70㎡台前半ですと南太田駅です。交通アクセスの良さを考えると、かなりお手ごろ感があるでしょう。

ねらい目の京急大師線沿線
また、京急大師線沿線はねらい目です。将来性や利便性が良く、価格を考えると、京急線の中で最もおすすめなエリアのひとつがこの路線です。

川崎駅で乗り換えると、品川駅まで乗車時間20分前後で行けます。京急大師線の起点の川崎駅は神奈川県内の中心都市のひとつ。川崎駅と直結するラゾーナ川崎プラザだけでも色々なお店がそろい、買い物やレジャーなどに不便さがありません。

そのため、京急大師線沿線のマンションの供給数は近年増え続けており、商業施設も並行して増えています。例えば、東門前駅すぐにはホームズ川崎大師店があり、島忠、OKストアやダイソー、その他専門店も充実しています。

京急大師線沿線でのねらい目の駅は、川崎大師駅、東門前駅、産業道路駅です。平均面積70㎡前後で平均価格が3,000万円台。アクセスの良さを考えると割安感があります。

JR京浜東北線・根岸線

JR京浜東北線・根岸線沿線の魅力とは?
この路線は、通勤時間帯でない日中に田端駅・田町駅間で快速運転を行っています。また、終電がかなり遅い時間まで走っています。東京駅発桜木町行の終電は0時27分まであり、沿線の通勤利用者にとっては非常に助かる路線です。

JR京浜東北線・根岸線沿線のマンションの相場は?
神奈川県内の京浜東北線沿線では、鶴見駅と新子安駅がおすすめです。特に新子安駅は平均面積60㎡台でやや狭いものの、平均価格は3,000万円台です。アクセスの良さを考えると、割安感があります。新子安駅は、京急線の京急子安駅とも隣接しており、2線利用できるのは魅力的です。

また、駅から徒歩3分ほどの場所に、スーパーマーケット、ドラッグストア、ファストフード、コーヒーショップ、クリニック、ファミリーレストランなどのテナントが入っているオルトヨコハマ(ショッピングモール)があります。徒歩10分ほどの場所には、JR横浜線大口駅から伸びる大口商店街があり、買い物に便利なエリアです。

JR東海道線・湘南新宿ライン高崎線

JR東海道線・湘南新宿ライン高崎線の魅力とは?
JR東海道線は、現在、新宿湘南ライン高崎線と同じ路線となっており、新幹線も走る路線です。湘南新宿ライン高崎線の運行によって、東京駅だけでなく、新宿駅、池袋駅方面まで乗り換えなしで行けるようになりました。

また、東海道線は駅間が長く、停車する駅の数が少ないので、横浜駅~品川駅間で乗車20分、東京駅まで約30分で行けます。そのため、都心から距離は離れても、通勤時間は短くなる路線です。

乗車40分以内なら、普通電車ですと戸塚駅から東京駅まで約37分(朝のラッシュ時はもう少し時間がかかります)、通勤快速を利用すれば藤沢駅から東京駅まで乗車41分、大船駅からだと乗車37分で行けるので、選択範囲が広がります。

JR東海道線・湘南新宿ライン高崎線のマンションの相場は?
東海道線沿線のマンションは、川崎駅、横浜駅を除けば平均面積は70㎡を越えています。東海道線沿線も人気があるので、マンションの平均価格は70㎡台で軒並み4,000万円を超えますが、戸塚駅は比較的価格が安くなっています。

戸塚駅は宿場町として栄えていたため、駅前が発展しています。駅西口には商店街だけでなく、戸塚東急プラザやトツカーナモール、サクラス戸塚など大型の複合施設が充実しています。また、戸塚駅は、JR横須賀線や横浜市江地下鉄ブルーラインとの乗り換え駅でもあり、駅前には大きなバス路線のターミナルがあります。

JR横須賀線・湘南新宿ライン宇都宮線

JR横須賀線・湘南新宿ライン宇都宮線の魅力とは?
JR横須賀線も、現在は湘南新宿ライン宇都宮線と同じ路線となっています。東海道線とは路線が異なりますが、横浜駅、戸塚駅、大船駅には停まります。

沿線には、最近人気が急上昇した武蔵小杉駅をはじめ、鎌倉駅や逗子駅など、知名度の高い観光地もあります。恵まれた自然環境があるため、小田急線と同じように、生活のONとOFFが切り替えやすいエリアでしょう。

JR横須賀線・湘南新宿ラインのマンションの相場は?
横須賀線沿線も人気があるので、平均面積70㎡台で、平均価格は4,000万円を超えています。ちなみに、沿線では、武蔵小杉駅、横浜駅、鎌倉駅は平均価格で6,000万円台を越えています。

沿線でねらい目なのは、保土ヶ谷駅、戸塚駅です。

ねらい目は、特急や急行停車駅が停車しない駅や乗り換えがある駅
神奈川県内でも他県と同じように、各路線の本線の特急や急行停車駅は比較的マンション価格が高く、特急や急行停車駅が停車しない駅は価格が安くなる傾向があります。また、路線の本線から乗り換える支線(京急大師線など)の駅も、価格が安くなるのでねらい目です。

希望するマンションの広さやグレードによって価格は変わりますが、相場はだいたい決まっていますので、予算が決まっていれば、ある程度最寄り駅を絞り込んでマンションを探すと良いでしょう。

ここでご紹介したことを参考にして、効率良くマンション探しをしましょう!

神奈川県の新築マンションをお探しの方はこちらをご覧ください。

参考:「マンションエンジン」
http://www.manen.jp/

情報提供:不動産コンサルタント 秋津 智幸

不動産サポートオフィス 代表コンサルタント。公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。不動産コンサルタントとして、物件の選び方から資金のことまで、住宅購入に関するコンサルティングを行なう。