マンション購入ガイド

2017.08.31

Question

千葉県で東京都心まで通勤1時間圏内でマンションを購入するならどこ?

千葉県でマンション購入を検討しています。職場は東京都心なのですが、予算を考慮して千葉県で探そうと思っています。通勤時間は1時間以内が理想なのですが、都心まで1時間以内で行ける千葉の住みやすいエリアと言えばどのようなところがありますか?

Answer

千葉県から東京都心を結ぶ沿線は数多くあります。沿線ごとに千葉県のエリアをご紹介いたします。

情報提供:不動産コンサルタント 秋津 智幸

都心と言っても都内には、東京をはじめ、秋葉原、上野、品川・田町、恵比寿・渋谷、新宿・代々木、池袋など性格の違う都心部が多くあります。通勤時間は勤務先がどこかによって変わってきますが、千葉方面から通勤しやすいエリアとしては、上野周辺から東京周辺でしょう。

また、通勤時間を1時間以内が理想とすると、自宅から駅までと駅から勤務先までの所要時間をそれぞれ約10分として、乗車時間は正味40分ぐらいが理想となりますね。ここでは東京駅を中心に乗車時間40分(朝の通勤時間帯)を一つの目安として考えてみましょう。

沿線別に考えると、どこがおすすめ?

千葉県内で通勤・通学の利便性を考えると、JR線沿線が最も多くなります。

東京駅へ直通する京葉線(一部武蔵野線)や総武快速線。
お茶の水駅を経由して新宿方面へと中央本線につながる総武線(中央・総武緩行線)。
日暮里駅を経由して東京方面まで繋がる常磐線。常磐線は東京メトロ千代田線とも連絡しています。

唯一千葉県内まで直接運行している東京メトロ東西線やつくばエクスプレスも、通勤通学では使い勝手がよい路線です。

JR京葉線

JR京葉線で東京駅まで乗車40分以内とすると、海浜幕張駅あたりまでが範囲に入ってきます。
この沿線では、東京ディズニーリゾート(以下「TDR」)がある舞浜駅が有名で、かつ東京へのアクセスもよいことから住宅地としても人気があります。

舞浜駅のTDRと反対側の北口周辺は、大規模な一戸建て開発エリアで、マンションはその先にあります。TDR好きの方に人気で、マンション供給数はそれほど多くないため、マンション価格は高めです。

この沿線の駅では、新浦安駅や南船橋駅、海浜幕張駅などは駅前の開発がされていて、駅直結・隣接にららぽーとやアウトレットモールのような大型商業施設があり、どこも住みやすいでしょう。

特に、海浜幕張駅以降は舞浜駅と比べると、同じ価格で一回り広いマンションが購入できる程度の価格差があるので、ねらい目のエリアです。

JR総武線

JR総武線は、東京駅まで乗車40分以内で考えると、幕張本郷駅あたりまでが1時間以内で通勤できる範囲でしょう。

沿線には船橋駅や津田沼駅といった中心駅がこの沿線にあります。西船橋駅も東京メトロ東西線との連絡駅であり、人気があります。

この沿線はファミリー向けの平均供給面積70㎡前後のマンションが主流ではあるものの、思っている以上に供給数が少なく、間取りなどで選択肢を広げたいなら最も新築マンションの供給数が多い、津田沼エリアを狙うことになります。
津田沼駅は住宅街として成熟しており、駅前にはモリシア津田沼や津田沼パルコ、イオンモール津田沼などの商業施設も充実しています。

予算的に制約がある場合には、沿線では比較的割安感のある、幕張本郷駅や西船橋駅近辺を狙うのがよいかもしれません。

JR常磐線

JR常磐線は、品川駅から宮城県の仙台駅までつながる首都圏でも距離の長い路線です。

通勤線として考えた場合、上野東京ラインとして東海道線とも繋がり、北千住駅から東京メトロ千代田線とも相互乗り入れもしています。運行によっては山手線の内側までの通勤が1路線で繋がる便利な路線です。

常磐線では快速を利用すれば、柏駅から東京駅まで乗車40分以内になるので、各駅停車駅でも乗り換え次第では比較的短時間で都心へ出ることができます。

沿線では、快速の停車駅である松戸駅と柏駅が人気ですが、沿線で比較すると両駅はやや高くなります。それでも平均で3,000万円台後半から4,000万円台頭ぐらいで70㎡台のマンションを購入することができます。

沿線でねらい目としては、南柏駅や北松戸駅といった各駅停車駅になります。南柏駅には駅前にCure Laやフィールズ南柏といった大型の商業施設があり、非常に住みやすいエリアです。

JR武蔵野線

JR武蔵野線は東京の府中本町駅から埼玉県、千葉県を横断し、西船橋駅まで繋がる首都圏の外環線です。西船橋駅からは京葉線へ入り、東京駅まで直通運転を行っています。

東京まで乗車40分以内とすると、東松戸駅まで範囲が広がります。この沿線も比較的マンション価格は手ごろで、平均面積70㎡台前半で平均価格3,500万円前後となっています。

北総線

京成高砂駅から印旛日本医大駅までがこの沿線になります。
早朝・深夜の一部を除くほぼ全列車が、京成高砂駅から京成電鉄本線・押上線・都営地下鉄浅草線・京浜急行電鉄本線・空港線を経由して相互直通運転を実施しており、本線及び成田スカイアクセス線ともに京急線へ乗り入れています。

都心まで1時間以内(乗車40分)で考えると、経由が多く、少し範囲から外れてしまう沿線ではあります。しかし、マンション価格は他の沿線と比べて安く、この沿線であれば、3,000万円台前半で80㎡前後の広いマンションの購入も可能です。少し目線を変えて広いマンションを求めるなら、検討する価値がある沿線です。

沿線の中でも、千葉ニュータウン中央駅は昭和50年代から住宅・都市整備公団(当時)が開発し、緑を残しつつ駅周辺が計画的に整備されています。

東洋経済新報社が全国の都市を対象に毎年公表している、2016年度「住みよさランキング」では1位に選ばれたことも。利便度と快適度が高く評価されています。駅周辺にはイオン、イオンモールといった商業施設の他、スーパー銭湯などもあり住み良さの評価が高いことがうなずけます。通勤時間が多少伸びても、住み良さを求める方にはおすすめの沿線です。

京成線

京成線は、本線の他に東成田線(本線扱い)、押上線、金町線、千葉線、千原線、成田空港線(成田スカイアクセス)と路線が多く、運行路線の行先が複雑になっています。

東京まで乗車40分程度で通勤できる駅は、JRなどに乗り換えることになりますが、京成本線の船橋競馬場駅くらいまででしょう。他線との乗り換え駅を外せば、坪単価(坪あたりの価格)で150万円を切る沿線駅もあり、予算の制約がある方にとっては、魅力的な沿線です。沿線は下町の雰囲気が残る商店街などが多いイメージがあります。

つくばエクスプレス

2005年8月に開業した、つくばエクスプレス線(TX)は、秋葉原駅と茨城県のつくば駅を最速45分(快速)で結んでおり、比較的新しい通勤の足として人気が上昇してきています。

千葉県内には南流山駅、流山セントラルパーク駅、流山おおたかの森駅、柏の葉キャンパス駅、柏たなかの駅5駅があります。都内の山手線沿線の主要駅まで、乗り換えを含めても東京駅なら流山おおたかの森駅から40分もあれば到着できるアクセスのよさです。

つくばエクスプレス沿線には、大型ショッピング施設が隣接する駅が多く、流山おおたかの森駅や柏の葉キャンパス駅は周辺でも集客力のあるショッピングゾーンと直結・隣接しており、生活環境の優れた駅です。

マンション価格の面でも、この沿線は坪単価が平均で150万円~180万円と、都心へ1時間以内で通勤できるという点を考えると、かなりねらい目の沿線です。

東京メトロ東西線

千葉県内を走る東西線は、東京メトロの中では唯一東京都外に直接運行している区間です。

沿線の駅としては、浦安駅、南行徳駅、行徳駅、妙典駅、原木中山駅、西船橋駅があります。
東京メトロ線内でも唯一快速運転を行い、西船橋駅を始発に浦安駅、東陽町駅以降の各駅停車となっています。

快速に乗車すると、西船橋駅から大手町駅まで32分となります。各駅停車駅の原木中山駅から大手町駅でも朝の通勤時間帯で乗車35分と利便性の高い沿線です。

沿線内のマンション相場は、浦安駅を除けば坪単価で200万円を切っており、都内と比べればかなり手頃感のある相場です。

派手さはありませんが、いずれの駅も駅前には商店街があり快適に過ごすことができます。沿線の交通利便性とマンション価格を比べると、つくばエクスプレス線と並んでおすすめの沿線です。

千葉県で素敵なマンションライフを

千葉県は首都圏1都3県の中では、最も面積の広い県で、神奈川県の2倍以上の広さがあります。
海に面し、山があり、日本一有名なテーマパークもあり、牧場や水族館など、広い県ならではのレジャー施設が多くあります。

非常に住みやすいだけでなく、家族と休日を楽しめる施設や自然が充実していることも千葉県の魅力でしょう。今回ご紹介した内容を参考にしていただきながら、希望にあったマンションを見つけてくださいね。

千葉県の新築マンションをお探しの方はこちらをご覧ください。

参考:「マンションエンジン」
http://www.manen.jp/

情報提供:不動産コンサルタント 秋津 智幸

不動産サポートオフィス 代表コンサルタント。公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級ファイナンシャル・プランニング技能士。不動産コンサルタントとして、物件の選び方から資金のことまで、住宅購入に関するコンサルティングを行なう。