収納ガイド

2017.07.31

Question

休日を家事で終わらせないための収納術とは?

平日は夫婦とも毎日仕事なので休日に家事をまとめて行うのですが、たまった家事をこなすのに時間がかかり、家事だけで1日が終わってしまうことも。休日にまとめて家事をする場合にスムーズに進むような、収納のコツを教えてください。

Answer

家事にすぐに取り掛かれる状態を作っておきましょう。そのためには普段から家の中を整理しておけるような収納を意識します。

情報提供:整理収納アドバイザー 角一 まり子

休むための休日なのに、家事に追われて休めない…。 料理をすれば洗い物、服を着れば洗濯物、一度出したモノは片付けなければ、部屋は散らかる一方です。

家事をやめることはできませんが「整理収納の力」で簡単に時短を実現することができます!整理収納の仕組みを利用し、家事の時短を目指しましょう!

休日の家事を手早く行うために普段から意識するべきこととは?

休日に何をしたいかゴール設定をしよう
散らかった部屋では探し物が多くなります。探し物は人生で一番無駄な時間。探し物をなくし趣味や勉強に充てて時間を有効に使いたいですよね。

休日に何をしたいのかゴール設定をしましょう。
「大好きな映画を観に行きたい」「ゆっくりコーヒーを飲みながら趣味の手芸をしたい」のように、時間ができたことで得られるゴールを決め、ゴール達成のために「今日何をすべきなのか」「今何をすべきなのか」という方向性を決めましょう!

使うモノだけを持とう
家事がラクになると思って買った便利グッズや、仕事の日は買い物に行けないからと多めに買ったストック…
そんなモノであふれていませんか?

モノは使ってこそ意味があります。持っているだけで使わなければ意味がありません。むしろモノが増えることにより、本当に必要なモノが埋もれてしまいます。そうすると、使いたいものが見つからない、探し物に時間を費やす、ということになりかねません。

まずは【整理】=不要なモノは取り除き、使うモノを厳選しましょう!
モノが多いと、片付けるモノや片付ける時間も長くなってしまいます。「自分が管理できる量」がご自身に合った「適正量」です。

理想は収納スペースに対し、モノの量を7~8割に保つことです。自分のライフスタイルに対してモノが多すぎないか見直してみましょう。

整理された部屋を保つためのコツとは?

モノの定位置を決めよう
出したり戻したりするときに迷わないためには、定位置を決めましょう。定位置があれば置き場所を毎回考えずに戻せるので、散らかりにくくなります。戻す場所や戻すカゴにラベルをはると、家族の誰が見てもわかるようになります。

また、日頃からどこに、何が、どれだけあるか、を把握できるようになり、無駄買い・無駄な買い物時間を減らすことができます。

1日5分のリセットタイムを作ろう
寝る前の5分間で、出しっぱなしのモノを片付ける習慣を付けましょう。
「片付けの仕組み」ができていれば、使ったモノを元に戻すことで出しっぱなしが防げます。

また、モノが増えたら収納場所を増やすのではなく、モノが増えるタイミングでモノを一つ手放すというルールを作って、常にモノの量をコントロールしましょう。

・出しっぱなしをリセットする毎日のルール
・増えたモノの分、モノを見直し手放すルール

この2つのルールで家の中をリセットし、家事に取りかかりやすいすっきりした空間を維持しましょう!

家事にサッと取り掛かるための収納のコツとは?

動線を意識して収納しよう
よく使うモノほどさっと取り出せるようにすると家事の時短につながります。収納を開けたとき最初に目に飛び込んでくる場所は、出し入れしやすい場所になります。

例えば、
・観音開きの収納:真ん中
・引き戸:両端
・引き出し:手前
・棚:目から腰の間の高さ
があてはまります。

使いやすい場所はチョイ置きしやすい場所、つまりモノだまりになりやすい場所でもあります。

例えば、ストックのティッシュを使いやすい場所に置いてしまう。そうすると、逆にいつも使っているカバンは普段収納を考えないので、行き場所がなくなってしまう。そこで、空いている場所=使いにくい上段に押し込んでしまう…となり、使いづらい状態を引き起こしてしまうのです。

毎日使うカバンが手の届きにくい上段にあり、普段使わないストックのティッシュが使いやすい中段に置かれている場合、配置を逆にしてカバンを中段にするだけでとっても使いやすくなります。

動線を見直すと、モノの配置が変わります。一度、家を俯瞰して見てみましょう!

すぐに取り掛かれる状態にしておこう
面倒な家事はすぐに取り掛かれるように、手間を少なくするのがポイントです。

家事をやろうと思ったときに家事に使うモノが点在していて、探すことに疲れていませんか?ワンアクションで家事がスタートできる仕組みを作りましょう。

例えば、リビングでアイロンがけをするのであれば、アイロンはリビングにある収納に置きます。また、アイロンがけをするときに必要なアイロン、アイロン台、霧吹き、当て布、などはグループにしましょう。

「使用する場所」と「収納する場所」が近ければ動線が短くなり、効率的です。

いつも一緒に使っているものを最初からまとめておくことを「グルーピング」と言います。グルーピングを取り入れることで、あちこちから探してくる手間がなくなります。いつでも使いやすくスタンバイの状態にしておきましょう。

整理収納の仕組みづくりが時短への近道

せっかくの休日なのに、家事が残っている…と思うと楽しめないですよね。整理収納の仕組みを整えていれば、日々はただ戻す「整頓」だけ。

きちんと整頓されていれば探し物をする時間もなくなり、取り出す時間も短縮でき、効率よく作業できます。家事は早めに終わらせて、休日はリフレッシュできる1日にしましょう!整理収納の効果で、日々を快適に過ごしてくださいね!

情報提供:整理収納アドバイザー 角一 まり子

整理収納アドバイザー2級認定講師、ファイリングデザイナー2級。インブルーム株式会社にて多くのお客様のご自宅で整理収納サービスを行う。世代や環境に合わせ、様々な角度から「快適で暮らしやすく、そして美しい」空間づくりを提案。