マンション購入ガイド

2017.02.13

Question

マンション購入の流れとは?物件選びから引渡しまで

もうすぐ子どもが生まれることもあり、引っ越しを考えています。マンションでの暮らしを考えているのですが、マンションの購入はどのような流れで進めるのでしょうか?マンション物件の選び方からマンション購入、引渡しまでの全体的な流れを教えてください。

Answer

購入の流れを把握して、マンション購入をスムーズに進めよう

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

結婚や出産など家族構成の変化に合わせて、マイホームを購入したい。
転勤を機に、住み替えをしたい。 新しい家を探すきっかけは人によってさまざまですが、いざ家を探そうとすると何から始めればいいのかわからないものですよね。ここでは、新築マンションを中心に、マンション購入の流れをご紹介します。

まずは物件情報の収集をしよう!

まずは、自分の希望条件に合うマンションの物件情報を収集しましょう。
最近では、パソコンやスマホから物件情報サイトを活用する方法が一般的です。エリアや間取り、予算などの条件からマンションを絞り込んでいきます。

・エリアで選ぶ
一番多いマンションの選び方は、エリアで絞り込んでいくという方法です。

・家族の職場・学校などへアクセスしやすいエリア
・現在住んでいる場所と同じエリア
・学校や公園、病院など子育てしやすいエリア
・とにかく駅からの距離が近い駅近エリア
・憧れのエリアや人気のエリア

エリアと一言で言っても、実際の暮らしや要望に合わせて絞り込んでいく必要があります。家族でお互いの要望を出し合って、エリアをいくつか選定していくとよいでしょう。

・予算で選ぶ
また、実際に支払える金額を算出し、予算からマンションを選ぶという方法もあります。毎月の支払金額から逆算していくとイメージしやすいでしょう。

長谷工の住まいでは、必要事項を入力するだけでマンション購入のローンシミュレーションができるサービスを無料でご提供しています。簡易的に予算を把握できるので、ぜひ試してみましょう。

・住宅ローンシミュレーション
https://www.haseko-sumai.com/simulation

ここで表示される購入可能物件価格を元に、マンションを絞っていきます。

気になるマンションを見つけたら、モデルルーム見学に行ってみよう

マンション情報を収集していくうちに、気になるマンションや条件にあったマンションが出てきます。そこまで絞り込めたら、次にモデルルーム見学に行ってみましょう。多くの販売中マンションではモデルルームが用意されているので、実際の間取りや物件の周辺環境などを見に行きます。

・モデルルーム見学の流れ
モデルルームは事前に見学の予約をしておくとスムーズです。土日などで、人気の物件の場合は、予約でいっぱいの可能性もあります。もちろん、空いている時は飛び込みで見学することも可能です。

<主なモデルルーム見学の流れ>

受付
名前や住所などの簡単な情報を記入します。不明な点は空欄でOK。
物件情報
マンションの周辺情報や物件情報の説明を受けます。
シアタールーム
マンションでの暮らしをイメージできるムービーを用意しているマンションもあります。
建物模型
マンションの全体がわかる模型を確認します。実際の部屋の位置をチェックしましょう。
モデルルーム
いよいよモデルルームへ!実際の暮らしをイメージできるように、インテリアなどが設置されています。実際に座ったり、触ったりすることで暮らしをイメージできるので、気にせずドンドン触りましょう。
設備・構造
見た目には見えない構造などの模型を確認します。耐震性などの質問はここでしましょう。
商談
最後は希望の部屋タイプや諸費用などのお金に関する相談をします。疑問に思ったことは何でも質問しましょう。

モデルルーム見学に行くと、必ず購入しないといけないのではないのか…と不安に思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。もっと気軽に見に行くことで、マンションでの暮らしをイメージすることができます。また、実際の部屋や設備を見ることで、自分の要望や譲れないポイントが明確にもなります。

購入したいマンションが決まったら、購入申し込みをしよう

モデルルーム見学も済み、購入したい!と思えるマンションが決定したら、希望する部屋の購入申し込みへと進みましょう。購入申し込みとは、売買契約ではなく購入の意思を表明するものです。

住宅ローンの事前審査

購入にあたって希望する住宅ローンを利用できるか、事前に確認する必要があります。この事前審査に通って、住宅ローンを利用できることが確認できてから売買契約へ進みます。

重要事項説明書を確認して、売買契約へ

無事に購入が決定したら、重要事項説明書の確認をします。この重要事項説明書は名前の通り、契約前にきちんと確認をしておくべき事項を記載した書類です。重要事項説明書には、不動産としての土地・建物の情報、売買契約に伴う各種事項、使用や利用、居住に関わる情報など、マンションに関する契約前に十分に知っておくべき事項が記載されています。目を通すのはなかなか骨が折れますが、きちんと理解して、わからないことや疑問点は確実にクリアにしましょう。

重要事項説明書の確認が終われば、売買契約に入ります! 物件選びから始まり、いよいよ売買契約です。売買契約の際には、手付金(頭金)を支払うことが一般的です。手付金は購入する物件によって違いますが、5~10%が一般的と言われています。

住宅ローンの本審査・申し込みをして、引渡し!

売買契約の締結が済んだら、住宅ローンの本審査、正式な申し込みに入ります。本審査を通過し、お金の貸借の契約となります。不動産会社によっては入居の手続き会や引渡し会が開催され、他の入居者の方と一緒に手続きを行ったり、購入したお部屋の鍵を受け取ります。これから一緒のマンションに住むご近所さんと思うと、少しドキドキしますね。

マンション購入、販売会社があなたをしっかりサポート

ここまで、マンションの選び方から引渡しまで簡単な流れをご紹介してきました。 いろんなことがあって面倒くさそう…と感じた人もいるのではないでしょうか?でも安心してください。実際には、モデルルーム見学でマンションを見に行った時から、販売会社がきちんとサポートしてくれることがほとんどです。何をするべきか、いつまでに何を用意するべきか、次のあなたの行動をサポートしてくれます。

大切なのは、難しい内容だからと言って曖昧にしないこと。マンション購入は人生でそう何度もあることではありません。大きな買い物になるのですから、わからないことや疑問に思ったことをそのままにせず、きちんと質問するようにしましょう。

あなたの暮らしをハッピーにする、素敵なマンションが見つかるといいですね!

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

マンション暮らしガイドの編集部から、マンションの選び方や購入の流れなど、マンションに関する情報をお届けします。