マンション購入ガイド

2017.04.07 更新:17.09.14

Question

分譲マンションとは?分譲マンションの特長をご紹介

結婚を機に、新居を探しています。色々と調べている中で「分譲マンション」という言葉をよく目にするのですが、分譲マンションとはどのようなマンションのことを言うのでしょうか?

Answer

分譲マンションとは、一棟のマンションを区分けして一住戸ずつを販売しているマンションのことです。

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

お部屋探しをしていると「分譲マンション」という言葉をよく目にしますが、賃貸のマンションと何が違うのか、よくわからない方もいるかもしれません。今回は、分譲マンションの基本情報についてご紹介していきます。

分譲マンションとは?

分譲(ぶんじょう)マンションとは、一棟のマンションを区分けして一住戸ずつを販売しているマンションのことです。

「分譲」とは「分割譲渡」という言葉の略です。一棟のマンションを一戸ごとに「分割」して販売しているので、分譲マンションと呼ぶのです。

通常、マンションを購入するとなると、マンションの一戸を購入することになりますよね。投資目的でもない限り、一棟の建物をまるごと購入することはありません。

そのため、一般的に「そろそろマンションを買おう!」ということは、必然的に分譲マンションを探すということになります。

ちなみに、「分譲戸建住宅」も、ほぼ同じような意味合いになります。
デザインが統一された戸建住宅が、同じ区画の中でまとまって販売されているのを見たことはありませんか?そのような住宅は、ひとつの敷地に一軒だけ住宅を建てる戸建住宅に対して、分割した土地に戸建住宅を建てて販売している分譲戸建ということになります。

分譲マンションと賃貸マンションの違いとは?
分譲マンションと賃貸マンションは何が違うのでしょうか?

言葉の通りなのですが、賃貸マンションとは貸すことを目的としたマンションやアパートのことを指します。一般的な賃貸マンションの場合、オーナーが一棟まるごと所有して、一戸ずつ貸し出す形になります。

引っ越しやすい賃貸マンションと長く住める分譲マンション
賃貸マンションは、気軽に引っ越しやすいのが特徴です。まだ定住地が決まっていないような方なら引っ越しやすいと助かりますよね。

逆に分譲マンションは、購入して長く住むことを想定して建てられているので、建物や設備のグレードが高いのが特徴です。管理や修繕も計画的に行われています。

分譲マンションは自由度が高い
賃貸マンションの場合は借りている部屋なので、自由に内装を変えることはできません。例えば、リフォームをしたり壁紙を変えたりして自分好みの部屋にするということは認められていません。

一方、分譲マンションを購入すると「自分の持ち家」になるので、自由に使うことが可能です。例えばお子様の成長に合わせて間取りを変えたりということができるのです。

分譲マンションを購入すると資産になる
分譲マンションを購入した場合、住宅ローンを組んで少しずつ返済していくのが一般的ですが、賃貸で発生する家賃と違って、支払った分だけ自分の「資産」となるのもポイントです。月々の家賃と同じくらいの支払額で住宅ローンを組めば、無理なく返済することが可能なので、早いうちに分譲マンションを購入してしまうという考え方もあります。

なお、分譲マンションとして建てられて、賃貸として貸し出しされているマンションもあります。

マンションとアパートの違いとは?
また、マンションとアパートの違いも気になるところですが、実は明確な定義はないようです。一般的には木造・軽量鉄骨造の建物で2階建てのものをアパートと呼び、鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造の建物をマンションと呼んでいます。

分譲マンションの特長とは?

分譲マンションにはどのような特長があるのでしょうか?

建物のグレードが高い
[高級感]
共用部分であるエントランスやロビー、居室の玄関やバルコニー、水回りなど、高級感のある作りになっているのが分譲マンションの特長です。毎日高級感のある家に帰ってくるのは気分がいいものです。

[天井が高い]
モデルルームに来られる方がまず驚かれるのが、天井の高さです。分譲マンションでは天井が高めに作られているため、空間が広々と感じられます。

[バルコニーが広い]
バルコニーが広いのも分譲マンションの特長と言えます。マンションのバルコニーと言うとあまり広くないイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、奥行が広くプランターを置いたりということも可能です。

安心して長く暮らせる設計
分譲マンションは、ご入居者が長く快適に暮らせるようにしっかりとした設計になっています。

[耐震性]
長く住むことが前提の分譲マンションは、安全面もしっかりと考えられています。また、定期的なメンテナンスや改修も行われるのでずっと安心です。

[遮音性]
分譲マンションでは天井や床が厚めに作られていることが多く、音や振動を軽減します。

[断熱性]
断熱性に優れていると冷暖房の効率がよくなり、夏の暑い日も冬の寒い日も快適に過ごすことができます。

家事や暮らしに役立つ設備が充実
分譲マンションでは、家事や暮らしをサポートする施設や設備を設けており、ワンランク上の生活を実現することが可能です。

[宅配ボックス]
不在時も宅配便を受け取れる宅配ボックス。
ネットショッピングも、配達の時間を気にせずに購入できます。

[24時間利用可能なゴミ置き場]
マンション敷地内の決められた場所に、ゴミ収集日に関係なくいつでもゴミを出すことができるマンションもあります。
※年末年始など利用が制限されている場合がございます。各マンションの管理規約に沿ってご利用ください。

[ディスポーザ]
食べ残しや野菜の皮などの生ごみを粉砕処理できる設備です。ニオイの元となる生ごみが減らせるので、いつでもキッチンを清潔に保つことができます。

[共用施設]
大規模マンションには、共用施設と呼ばれる、入居者が共用で使うことのできる施設が備わっている物件もあります。
子育て家庭に便利な「キッズルーム」、大勢で集まれる「パーティールーム」、来客時に宿泊していただける「ゲストルーム」など、マンションによってさまざまです。

セキュリティが強固
分譲マンションはセキュリティ設備が充実しているのもポイントです。

[オートロック]
ほとんどの分譲マンションではエントランスがオートロックになっています。
中にはエレベーターに乗るためや、住んでいる階に行くために鍵が必要なマンションも。セキュリティが充実していると、ひとり歩きするお子様のいるご家庭でも安心ですね。

[防犯カメラ]
エントランスをはじめとする敷地内には防犯カメラが設置されており、不審者侵入の抑止力になっています。

[管理人]
マンションにもよりますが、中には管理人が常駐している物件もあります。防犯のために巡回してもらったり、困ったことがあった時にまず相談できたりするのは心強いですね。

コミュニティが形成されやすい
また分譲マンションでは、基本的には長くお住まいになる方が入居されているのでコミュニティが形成されやすいとも言えます。

自治会のような「管理組合」としてだけでなく、趣味のサークル活動など、快適な暮らしのために入居者同士で交流したり、協力し合ってより充実したマンションライフを目指してはいかがでしょうか?

分譲マンションの設備や特長を理解して、納得のいくマンションを見つけられるといいですね。

情報提供:マンション暮らしガイド編集部

マンション暮らしガイドの編集部から、マンション情報をお届けします。